Top / 開発実績 / AR/VR/MR 開発 / 研究開発R&Dで開発したSTEAM向けVR脱出ゲーム

研究開発R&Dで開発したSTEAM向けVR脱出ゲーム

研究開発R&Dで開発したSTEAM向けVR脱出ゲーム
Data
内容

◆自社研究開発で開発したSTEAM向けVR脱出ゲーム

以前あるクライアンとからアミューズメントパーク向けに5分くらいで遊べるゲームがあれば。。。
というヒントをいただきすぐにベトナムサイドにお願いして作ってもらいました。
(結局発注には至りませんでした)

ONETECHが開発した、VR脱出ゲーム。UNITYで開発、HTC VIVEのVRゲームプラットフォームSTEAMで公開

◆HTC VIVE対応のアプリをUNITYで開発

HTC VIVEを選択しました。UNITYで開発しました。
UNITYはゲームを開発するためのエンジンです。AR/VR開発に利用されています。
UNITYで開発するとマルチプラットフォームに対応できるのでVIVE以外にも例えばPC、スマホにもワンソースで対応可能です。ONETECHはスマホ向けUNITYゲームをたくさん作っていた実績がありましたので1カ月ほどで完成しました。

◆脱出ゲームのゲームバランス

脱出ゲームのゲームバランスは5分くらいでクリアできるということと、HTC VIVEをはじめて使うユーザーにもわかりやすくするという要件です。謎解きの難易度とクリア時間のバランスを弊社エンジニアが設計しました。

実績一覧

ウィズコロナ時代のニューノーマル非接触型コミュニケーションとして期待されているVR会議システム、VRオフィスシステム。2020年7月のセミナーで披露しましたが、非常にお問い合わせが多く9月に再度バージョンアップを行いました。

企業の研修コスト削減!Oculus Questで飲食チェーン接客トレーニングVRアプリ開発 VR(バーチャルリアリティ:仮想現実)コンテンツとVRアプリ開発を行いました。 新人やアルバイトの従業員がOculus QuestのHMDを装着して 飲食店にお客様が来客してからお会計までのトレーニングのシミュレーションができます。

マイクロソフトのMRデバイスHololens2向けに建設予定の倉庫を3Dでホログラムでプレゼンテーションが可能です。プレゼンターがiPadでホロレンズ側の3Dホログラムを動かすしながら説明ができます。

iOSのFace Traking with ARkitの機能を使いスマホアプリのカメラで人の顔を認識します。 実際の顔に自動的に3Dアニメーションを被せてAR(オーグメンテッドリアリティ:拡張現実)表示させることができるアプリです。

YoloフレームワークとOpenCVを利用して、物体や文字を画像認識で読み取る。データによる情報表示、サーバー側にデータ格納。ホロレンズ(HoloLens)MR業務効率化支援アプリ。