Top / 開発実績 / アプリ開発 / 日本ビジネス能力認定試験4級アプリ開発

日本ビジネス能力認定試験4級アプリ開発

日本ビジネス能力認定試験4級アプリ開発
Data
内容

一般社団法人「日本ビジネス能力認定協会」の承認を得た公式アプリ

日本の文化は、歴史的影響で他の国の文化や習慣とは大きく異なっています。しかし、実はこの相違には日本人でもあまり気づいていません。したがって外国人はこの独特な文化や習慣を理解することは困難です。

このような状況では、外国人が日本社会に入ると、いろいろなトラブルが発生してしまいます。

外国人が日本社会に馴染むためには、日本の文化や習慣がどう成り立っているのか、なぜ自分の文化や習慣と自国の文化や習慣は違うのか知っていれば、日本の社会に溶け込むことができるでしょう。

【公式】日本ビジネス能力検定4級は、日本に興味のあるすべての人へ日本の文化や習慣の歴史的背景を楽しみながら学べるアプリです。これから日本に行く予定の外国人の方、すでに日本にいる外国人の方、日本のことをもっと知りたい外国人の方すべてに使っていただけます

[アプリストア]
App Store(iOS)
https://itunes.apple.com/us/app/id1359592562?ls=1&mt=8

Google Play(Android)

https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.onetech.nihonmannar

実績一覧

タブレット学習用、鑑賞ガイドスマホをUNITYで開発しました。以前に開発した鑑賞用ガイドアプリをベースに学生向けの鑑賞ガイドアプリを開発しました。学習の一環として親しみやすい文化体験が行えるアプリです。

住宅販売会社様向けに顧客管理アプリを開発しておりましたが、その更新版を開発しました。 クライアント側はPC、スマホのブラウザで対応し、エンドユーザー側はiOS/Androidアプリで実装しました。クライアントの営業担当者とエンドユーザーがチャットでコミュニケーションができるというのが特徴のアプリです。

企業の研修コスト削減!Oculus Questで飲食チェーン接客トレーニングVRアプリ開発 VR(バーチャルリアリティ:仮想現実)コンテンツとVRアプリ開発を行いました。 新人やアルバイトの従業員がOculus QuestのHMDを装着して 飲食店にお客様が来客してからお会計までのトレーニングのシミュレーションができます。

Kinectを使用したWindowsアプリケーションの開発です。このデジタルサイネージアプリは人の動きに合わせてプロジェクターで投影された大量の3Dモデルも動きます。屋外型のイベントで使用されました。

昨今の防災意識が高まる中で、地方自治体の公式アプリを制作しました。有事の際に最寄りの避難場所を示す矢印がAR表示されるのが特徴です。ARはmetaio SDKとgoogle mapのマッシュアップで制作