Home / 開発実績 / アプリ開発 / アグリテック、農業DX化、androidアプリで農産物の商品ラベルをプリント

アグリテック、農業DX化、androidアプリで農産物の商品ラベルをプリント

data
内容

アグリテック、農業のDX化、androidアプリで農産物の情報をプリント

農産物の出荷用の商品ラベルをプリントアウトできるAndroidタブレット向けアプリを開発
近年ではアグリテック、スマート農業などのキーワードとともに農業のDX(デジタルトランスフォーメーション)が進んでいます。この案件は2016年に開発した実績です。

 

 

作業の流れの中で、農産物のラベルをandroidアプリでプリントアウト

産直コーナーなどで農作物を販売する際商品ラベルのプリントアウトや貼り付け作業が負担になっていました。このandoridアプリは農作業作業現場にandroidタブレットと小型の商品ラベルのプリンターをwifiでつなぎ、作業のながらの中で簡単に商品ラベルを作成し、シールをプリントアウトすることができます。

 

Biz/Browserでマルチプラットフォームアプリの開発

Biz/BrowserはiOS/Android/Windowsタブレットでのマルチプラットフォームを実現した開発・実行環境です。今回はクライアント指定のandroidタブレットのアプリとして開発しました。

 

システム開発の業務範囲

要件定義

クライアントがエンドクライアントにヒヤリングして定義

設計書

要件定義よりシステム構成を設計

コーデイング

アプリ、ウェブ、サーバーはそれぞれのソフトウェア開発の基準に沿ってコーディング

受入テスト

クライアントが担当

開発環境

下記のフレームワークで開発しました。

Androidアプリ

  • Biz Browser
  • CRS(CRS言語はBiz/Browser専用のスクリプト言語)

商品情報管理システム(Webアプリケーション)

  • PHP 5
  • Zend Framework

Zend Frameworkとは

シンプルかつ拡張性を追求したBSDライセンスに基づくPHP5のオープンソースのフレームワーク
PHP5のオブジェクト指向で設計、さまざなクラスライブラリ(コンポーネント)が用意されている

規模:20人月

期間:6ヶ月(本番リリースまで)

 

返信を残す

実績一覧

スマホアプリで商品パッケージをARフレームワークのVuforiaで読み取り、ARコンテンツ動画が楽しめます。 iPhone/Androidのアプリを制作しました。ARコンテンツを利用した販売促進キャンペーンにAR(Augumented Reality:拡張現実)が活用された事例です。

製造業のエンドクライアントからの要望でホロレンズMR遠隔支援アプリを制作 製造現場の複数拠点から3Dモデルも共有しながらリアルタイム通話で打ち合わせを実施できます。 UNITYとAR Foundationを利用して開発しました。

ホロレンズ、スマホで工作機械の起動手順、保守点検作業をARでガイドします。定期的な保守点検作業では作業記録を本アプリで記録して本部に送付することで業務効率化が実現できます。ポイントは、任意のARガイドの設定ができるので汎用性の高いシステムになっています。UNITYで制作しました。

お客様が該当の商品を購入して、パッケージを専用ARアプリで読み取ると人気アーティストのオリジナル動画が流れます。スマホアプリ(iOS/Andoroid) 自分の部屋の中で人気アーティストのパフォーマンスをARとして見ることができます。

本件は2017年に弊社が作成してリリースされたVRアプリの改修です。 UNITYのバージョンアップ、Google Cardboard SDKのバージョンアップ、UIの修正などを実施しました。 VR元年に大変話題になったVRアプリの改修です。

無料相談
お問い合わせ