Banner News
HOME / NEWS / 「IoTクラウドのサーバーもARMコアに」、ソフトバンクグループ宮内副社長

 『はじめてのオフショア開発セミナー』 動画を公開しました。 「IoTクラウドのサーバーもARMコアに」、ソフトバンクグループ宮内副社長

2016.12.04
「IoTクラウドのサーバーもARMコアに」、ソフトバンクグループ宮内副社長

英ARMは2016年2日、都内で年次イベント「ARM Tech Symposia 2016」を開催した。基調講演では、2016年9月にARMを買収したソフトバンクグループの代表取締役副社長でソフトバンク代表取締役社長兼CEOの宮内 謙氏が登壇した。買収の狙いと戦略を語った。

 

ソフトバンクグループ代表取締役副社長、ソフトバンク代表取締役社長兼CEOの宮内 謙氏
(撮影:中尾 真二、以下、同じ)
[画像のクリックで拡大表示]
 

 宮内氏は冒頭、スマートフォンやタブレット端末などデジタルデバイスの市場動向に言及した。「2018年にはスマートフォンの国内台数は1億台を突破するとみられている。iPhoneがPCのインターネットからモバイルインターネットにパラダイムシフトを起こしたように、IoTが新たなパラダイムシフトを起こしている」と指摘。

 

 その背景には、CPUの進化、ストレージの進化、モバイルネットワークの進化の3つがあるという。宮内氏は、CPUの処理速度、ストレージのアクセス速度がこの20年間で100万倍となり、モバイルネットワークの通信速度は2.6万倍になっていると指摘。「このような進化がIoTを加速し、2015年には46億台といわれるIoTデバイスは2018年に157億台に達するとされている。これは、モバイルデバイスの86億台をはるかに超える」(宮内氏)と述べた。

 

CPU、ストレージ、ネットワークの性能はこれからも伸びる
[画像のクリックで拡大表示]
 

 この傾向はしばらく続き、今後はIoTデバイス、つまりPCやスマートフォン以外でインターネットに接続できるデバイスが主流になるという。ソフトバンクは、2035年に135億台というスマートフォンに対し、IoTデバイスは2750億台になると予測。宮内氏は、その予測をもとに「IoTデバイスによるグローバルでのM2Mトラフィックは2015年の1EB(エクサバイト)から2023年には3.2ZB(ゼタバイト)に増加する」とした。

 

2018年にはIoTデバイスがモバイルデバイスを超える
[画像のクリックで拡大表示]
 

 ソフトバンクは、携帯電話の位置情報から電波状況の悪いエリアを解析したり、AI技術との併用でネットワークの障害復旧の80%を自動化したりといったIoTの取り組みを実施している。宮内氏は、「IoTとAIを組み合わせることでビジネスが進化し、金融取引の自動化などが進む」と可能性を指摘した。

 

Source: http://itpro.nikkeibp.co.jp/




【受付開始】マイグレーションコスト削減セミナー開催 8月5日(木)14時

【受付開始】マイグレーションコスト削減セミナー開催 8月5日(木)14時
News|2021.07.21

オフショアを活用したマイグレーションのコストの大幅削減などのメリットや移行時のポイントについてご紹介します。VB6.0のままで継続使用するか、それともVB.NETやASP.NETへマイグレーションするか、お悩みのお客様が対象です。

【申し込み開始】オフショアXR活用セミナー開催 6月23日(水)13時

【申し込み開始】オフショアXR活用セミナー開催 6月23日(水)13時
News|2021.06.17

今回のセミナーでは、XRの業務活用事例のご紹介、ベトナムで製品化された「HoloLens MRマニュアルシステム」、弊社が製品化に取り組むバーチャル住宅展示&商談システム「HOUSE DECOR VR」についてもご紹介します。  

【バインミーバーバー下北沢店】6月9日に開店3周年!

【バインミーバーバー下北沢店】6月9日に開店3周年!
News|2021.06.04

バインミーバーバー下北沢店は、おかげさまで6月9日㈬に3周年を迎えます。 皆様に日頃の感謝の気持ちを込めまして、開店3周年イベントを開催いたします。 ご来店頂いたお客様には、オリジナルトートバック又は

【お知らせ】Unity Certified Professional Programmerの資格を取得

News|2021.05.27

弊社社員がUnity Certified Professional Programmer(UNITY認定プロフェッショナル)の資格を取得しました。ONETECHでは技術、品質向上、社員キャリアアップのために目標を設定した社員に向けた資格取得補助制度があります。

無料相談
お問い合わせ