オフショア開発だけではなく、ベトナムの文化を日本で紹介してまいります。日本とベトナムの架け橋になるべく活動していきます。

" /> マイナビニュースのベトナム屋台の味で「バインミーバーバー(Bánh mì Bà Ba)」が紹介されました

 マイナビニュースのベトナム屋台の味で「バインミーバーバー(Bánh mì Bà Ba)」が紹介されました マイナビニュースのベトナム屋台の味で「バインミーバーバー(Bánh mì Bà Ba)」が紹介されました

2020.03.04
マイナビニュースのベトナム屋台の味で「バインミーバーバー(Bánh mì Bà Ba)」が紹介されました

ONETECHグループ会社「ベトナム屋台株式会社」が運営する「バインミーバーバー」がマイナビニュースのベトナム屋台の味「#バインミー」で紹介されました。東京で食べることのできるベトナム本格「バインミー 」です。Googleレビューでも高評価をいただいていますのでお近くにお越しの際は是非お立ち寄りください。

今回は大人気の看板商品「バインミーバーバー(Bánh mì Bà Ba)」ではなく、新開発したデザートバインミーの「バインミーケム(Bánh mì Kem)」をとりあげていただけました。

 ポップな看板が目印のBanh mi Ba Baの店舗(左)

ポップな看板が目印のBanh mi Ba Baの店舗(左)

マイナビニュース:ベトナム屋台の味「#バインミー」
https://news.mynavi.jp/article/buzzgourmet-20/

 


ONETECHは、ベトナムオフショア開発だけではなく、ベトナムの文化を日本で紹介してまいります。日本とベトナムの架け橋になるべく活動していきます。

 

バインミー バーバー ホームページ

https://banhmibaba.com

 

本場の味にこだわった「バインミーバーバー」のバインミーの特徴

 

こだわり1 義母から引き継いだレシピ

 

ホーチミンシティ(サイゴン)でバインミーの屋台を経営していた義母からレシピを引き継ぎました。

 

秘伝のレシピで作った濃厚なレバーペーストは現地の味を再現できました。濃厚なレバーペーストは、バインミーの具材のベースになります。

 

レバーペースト
自家製のレバーペースト

 

義母
昔は義母がバインミーの屋台を営んでいた写真

 

こだわり2 こだわりのパン

 

日本のフランスパンはバインミー似ているようですが、固く歯ごたえがあります。これは現地のベトナムのバインミーのパンとは違います。

ベトナムのバインミーは衣がカリッとしていて、中身もふわふわなパンが特徴です。私は今回の挑戦においてバインミーのパンが一番重要だと考えました。

横浜元町のとあるパン屋さんに、バインミー用のパン作りを依頼。衣がカリッとして香ばしく、中身も軽く口に入れると甘味が広がるベトナムの美味しいパンが出来上がりました。

 

パン
大変美味しいパンを再現しました

 

こだわり3 材料

 

本場の味を守るため、本場のほとんどの材料の仕入先を見つけました。

 

例えば、ベトナム料理に欠かせないベトナムの大豆醤油「ヌクトゥン」です。バインミーの味をより濃くするため、最後はバインミーにつけダレとしてかける欠かせない調味料です。

 

他にも、完成までの材料すべてにこだわりを持って仕入れています。

 

ベトナム醤油
ベトナム醤油「ヌクトゥン」

 

またバインミーに欠かせないものはパクチーです。パクチーが好きな人には、バインミーはとてもオススメです。ただ、パクチーが苦手な人はオプションで入れないようにもできます。

 

パクチー
パクチーとの相性抜群です

 

もう一つはベトナムのGiò Thủ(ジョートゥー) というハム(ベトナムゼラチンハム)です。豚耳、豚タン、きくらげ、椎茸などの材料を工夫して再現しました。

 

サクサクした食感で、調味料の粒コショウは口の仲に広がる辛い風味になりバインミーのアクセントになります。

 

特に冬の時は体を温められます。さらに、コラーゲンが沢山あるので、健康はもちろん、美容やお肌に良い食べ物です。

 

ベトナムのジョートゥー(ゼラチンハム)

 

最後は調理の工程です。ヘルシーに召し上がっていただくために、油の利用を最小限に抑えました。

 

バインミーの製造工程では油で揚げるような具材はありませんし、炒める時は油を限りなく少なくしています。マヨネーズも自家製で作っています。

 

 

バインミー バーバー Facebook
https://www.facebook.com/banhmibabaJapan/




お問い合わせ