“スキル”が1万種類を突破、Amazonの音声アシスタント「Alexa」が進化 “スキル”が1万種類を突破、Amazonの音声アシスタント「Alexa」が進化

2017.02.24
“スキル”が1万種類を突破、Amazonの音声アシスタント「Alexa」が進化

米Amazon.comは現地時間2017年2月23日、「Amazon Echo」などの機器で利用できる、クラウドベースの音声アシスタント「Alexa」の“スキル”(サービスや機能)が1万種類を超えたと発表した。

 

 同社は2015年6月、Alexaとそのソフトウエア開発キット(SDK)「Alexa Skills Kit(ASK)」をサードパーティーの開発者に公開した。その1年後に、スキルの数は約1000種類に達し、2016年9月時点で3000種類を超えた。それから5カ月余りでさらに3倍以上に増えた。

 

 同社は2016年11月に、eコマースサイトでAlexaのスキルを閲覧・管理できるようにした。それまでAlexaのスキルに関する情報を見るには、Alexa専用のサインアップが必要なAndroid/iOS用アプリ「Alexa」か、Alexaを設定するための専用Webサイトにアクセスしなければならなかった。

   

  eコマースサイト内に設けた「Echo&Alexa」セクションでは、スキルをカテゴリー別に分類しており、それぞれの詳細ページでは説明、ユーザーレビュー、評価を掲載しているほか、有効/無効設定なども行える。

 

 有効にしたスキルは、Amazon Echoとその姉妹製品の「Echo Dot」「Amazon Tap」や、映像配信端末「Fire TV」「Fire TV Stick」、タブレット端末「Fire HD 8」で利用できる。ただし、今のところAlexaの日本版はないので、これらの機器の日本向けモデルではAlexaを利用できない。

 

 

 Amazon.comによると、利用者に人気のあるスキルのカテゴリーは、ニュース、ゲーム、教育/リファレンス、ライフスタイル、ジョーク/ユーモアなど。最近は、Starbucksにコーヒーを事前注文できるユニークなスキルが登場していると、AlexaおよびEchoのチーフエバンジェリスト、David Isbitski氏は述べている。

 

 

 米VentureBeatによると、米Googleの「Google Assistant」向けスキル(Googleの場合は「アクション」と呼んでいる)の数はまだ100を超えておらず、Amazon.comのAlexaはサービスの種類で他社を大きく引き離している。だが、音声アプリケーションの利用解析調査などを手がける米VoiceLabによると、ユーザーに頻繁に使われるスキルは全体の3%にとどまっており、大半のスキルは繰り返し使われることはないという。

 

[Amazon.comの発表資料へ]




「&AND HOSTEL」がソニーの新規事業創出プログラムから生まれたIoTデバイスを導入

News|2017.04.24

and factoryが運営するスマートホステル「&AND HOSTEL」の2号店において、ソニーのIoTデバイスを導入した。

80ヶ国語対応のパーソナル音声翻訳デバイス「Travis」、クラウドファンディングで300パーセント達成の人気ぶり

News|2017.03.30

こんな夢のような翻訳を実現するデバイスが、今回紹介するパーソナル・ボイス・トランスレーター「Travis」だ。

ロボットによる採用面接が可能に! T&Aの新サービス『(仮)AI面接官』が5月提供開始

News|2017.03.23

株式会社タレントアンドアセスメント(T&A)は、独自の戦略採用面接メソッド「T&Aメソッド」を取り入れた人工知能(AI)による採用面接サービス『(仮)AI面接官』を5月上旬より提供開始する。

お問い合わせ