日本へのベトナム人難民申請者数は前年比10倍、国籍別で第5位 日本へのベトナム人難民申請者数は前年比10倍、国籍別で第5位

2016.10.07
日本へのベトナム人難民申請者数は前年比10倍、国籍別で第5位

          

          日本の法務省入国管理局が発表した2014年における難民認定者数に関する統計によると、2014年に日本へ難民申請をしたベトナム人は294人で、前年の30人と比べて約10倍、国籍別で第5位となった。

 

        2014年の申請者の総数は5000人で、前年の3260人と比べて+53%増加した。このうち異議申し立てを行った人は前年比+5%の2533人。申請者数及び異議申し立て数のいずれも、日本に難民認定制度が発足した1982年以降最多となった。このうち難民認定された人は11人、難民とは認定されなかったものの人道的配慮から在留が認められた人は110人で、庇護者数の合計は22か国121人だった。

 

         申請者の国籍と人数は、◇ネパール:1293人、◇トルコ:845人、◇スリランカ:485人、◇ミャンマー:434人、◇バングラデシュ:284人、◇インド:225人、◇パキスタン:212人、◇タイ:136人、◇ナイジェリア:86人などとなっている。

 

 

 

 

Source:

http://www.viet-jo.com/news/statistics/150313084114.html




ラムドン省で日本のトマト栽培に成功

News|2017.04.20

南中部高原地方ラムドン省バオロック市ロックガー村に住むマイ・タイン・ニャーさん(男性・48歳)は、種苗会社の株式会社サカタのタネ(神奈川県横浜市)の苗木を用いたトマトの栽培に成功した。

ダラット:ソメイヨシノの栽培に成功、開花時期も日本と同じ

News|2017.03.28

ダラット市で栽培されているこの桜も、日本と同じ時期に開花するという。

ダラット:日本のイチゴ栽培に成功、高価でも販売好調

News|2017.03.20

代表的な企業として、同市で日本の大粒イチゴを栽培しているクリエイト・スター(Creat Star)が挙げられる。

ベトナムEC市場、年平均+25%の高成長―4G普及で更に期待

News|2017.03.09

ベトナムにおける第4世代移動通信システム(4G)サービスの本格展開に伴い、国内の電子商取引(eコマース=EC)市場が大きく成長するとの期待が高まっている。

お問い合わせ