ベトナムEC市場、年平均+25%の高成長―4G普及で更に期待 ベトナムEC市場、年平均+25%の高成長―4G普及で更に期待

2017.03.09
ベトナムEC市場、年平均+25%の高成長―4G普及で更に期待
(C) baodautu
(C) baodautu

 

 ベトナムにおける第4世代移動通信システム(4G)サービスの本格展開に伴い、国内の電子商取引(eコマース=EC)市場が大きく成長するとの期待が高まっている。

 

 商工省によると、2016年におけるEC市場の小売売上高は約50億USD(約5700億円)で、全国の小売売上高の約3%を占めた。EC市場は直近の数年間で年平均+25%の高成長を続けており、2017年には同市場の小売売上高が60億USD(約6800億円)に達する見通しだ。

 

 また、情報通信省によると、全国のスマートフォン利用者数は現在までに約3500万人に達しており、都市部のスマートフォン利用者の半数がスマートフォン経由でオンラインショッピングをした経験があるという。

 

 地場小売業者のピコ家電センター(Pico)の責任者によると、同社のウェブサイトではスマートフォンによる商品検索件数がパソコンの2倍に上っているという。ただし、第3世代移動通信システム(3G)の通信速度が遅いため、利用者にとって便利とは言えないのが現状だ。

 

 4Gの通信速度は従来の3Gの10倍にも達するため、4Gサービスが本格展開されれば利用者の利便性が向上し、ベトナムのEC市場は更に大きく成長するものと期待されている。

 

 なお、現在までに、◇国防省傘下の携帯通信大手ベトナム軍隊通信グループ(ベトテル=Viettel)、◇ベトナム郵便通信グループ(Vietnam Posts and Telecommunications Group=VNPT)傘下のビナフォン(Vinaphone)、◇モビフォン(Mobifone)、◇ジーテルモバイル(GTel Mobile)の4社に4Gサービス事業ライセンスが交付されており、いずれも2017年中に同サービスを本格展開する計画だ。

 

Source: http://www.viet-jo.com




ラムドン省で日本のトマト栽培に成功

News|2017.04.20

南中部高原地方ラムドン省バオロック市ロックガー村に住むマイ・タイン・ニャーさん(男性・48歳)は、種苗会社の株式会社サカタのタネ(神奈川県横浜市)の苗木を用いたトマトの栽培に成功した。

ダラット:ソメイヨシノの栽培に成功、開花時期も日本と同じ

News|2017.03.28

ダラット市で栽培されているこの桜も、日本と同じ時期に開花するという。

ダラット:日本のイチゴ栽培に成功、高価でも販売好調

News|2017.03.20

代表的な企業として、同市で日本の大粒イチゴを栽培しているクリエイト・スター(Creat Star)が挙げられる。

ベトナムEC市場、年平均+25%の高成長―4G普及で更に期待

News|2017.03.09

ベトナムにおける第4世代移動通信システム(4G)サービスの本格展開に伴い、国内の電子商取引(eコマース=EC)市場が大きく成長するとの期待が高まっている。

お問い合わせ