ベトナム産スプレーマム(菊)、大田花きの「今年の花」に選出―輸入品で初 ベトナム産スプレーマム(菊)、大田花きの「今年の花」に選出―輸入品で初

2016.12.05
ベトナム産スプレーマム(菊)、大田花きの「今年の花」に選出―輸入品で初

(C) 大田花き, 「カリメロ」
 

 

   東京都中央卸売市場大田市場花き部の卸売会社で、花き卸売日本国内最大手の株式会社大田花き(東京都大田区)が主催する「フラワー・オブ・ザ・イヤーOTA2016」で、日本全国及び輸入品を含む約20万点の候補の中からベトナム産のスプレーマム(菊)が特別賞に選出された。輸入品の受賞は今回が初めて。2日には、大田花きセリ場で結果発表と表彰式が開催された。

 

  大田花きは、優れた花きの出荷を奨励し、一層の品質向上を促すと共に、流行の指標づくりを行うことを目的として、大田花きに流通した花きの中から年間を通じて高く評価された産地別品種を選定し、「フラワー・オブ・ザ・イヤーOTA」の称号を授与している。同賞は社会や生活者マインドを反映するもので、同社はこれをもとに今後の人気潮流も分析している。

 

  今回、約20万点の中から、最優秀賞1点、特別賞2点、新商品奨励賞2点の計5点が選出された。ベトナム産の小輪のスプレーマム「カリメロ」は、南中部高原地方ラムドン省ダラット市で生産されたもので、切花輸入の卸販売や花き業界マーケティングなどを手掛ける株式会社グリーンウィングスジャパン(東京都港区)が日本へ輸入した。

 

 今回のベトナム産花きの受賞は、ベトナムにおいて日本向けの花き生産が盛んになったことを象徴するものとなっている。

Source: http://www.viet-jo.com/




ラムドン省で日本のトマト栽培に成功

News|2017.04.20

南中部高原地方ラムドン省バオロック市ロックガー村に住むマイ・タイン・ニャーさん(男性・48歳)は、種苗会社の株式会社サカタのタネ(神奈川県横浜市)の苗木を用いたトマトの栽培に成功した。

ダラット:ソメイヨシノの栽培に成功、開花時期も日本と同じ

News|2017.03.28

ダラット市で栽培されているこの桜も、日本と同じ時期に開花するという。

ダラット:日本のイチゴ栽培に成功、高価でも販売好調

News|2017.03.20

代表的な企業として、同市で日本の大粒イチゴを栽培しているクリエイト・スター(Creat Star)が挙げられる。

ベトナムEC市場、年平均+25%の高成長―4G普及で更に期待

News|2017.03.09

ベトナムにおける第4世代移動通信システム(4G)サービスの本格展開に伴い、国内の電子商取引(eコマース=EC)市場が大きく成長するとの期待が高まっている。