デバイス証明書でIoTセキュリティ強化、パナソニックの監視カメラ新製品 デバイス証明書でIoTセキュリティ強化、パナソニックの監視カメラ新製品

2017.03.07
デバイス証明書でIoTセキュリティ強化、パナソニックの監視カメラ新製品

パナソニック システムネットワークスは2017年3月7日、監視カメラなどとして使われる業務用ネットワークカメラ「i-Pro EXTREME」シリーズの新製品20機種を発表した(写真1)。6月に発売する。標準モデルの価格は20万円前後(税別)。

 

 
 
写真1●パナソニック システムネットワークスの業務用ネットワークカメラ「i-Pro EXTREME」シリーズの新製品
[画像のクリックで拡大表示]
 

 全機種でセキュリティ機能を強化したのが特徴だ。セキュリティシステム事業部の島田伊三男・事業部長は「当社は法人向けのIoT(インターネット・オブ・シングズ)技術を強化している。だが、監視カメラを含む130万台のIoT機器がウイルスに感染しているという調査もある。従来のようなデータ暗号化などの対策では不十分だ」と述べた。

 

 パナソニックの新製品は、米シマンテックの「デバイス証明書」を標準搭載した(写真2)。第三者が正規のカメラを偽装したカメラを接続して映像データを窃取するようなサイバー攻撃を実行するのは極めて困難になる。カメラとレコーダーの間の通信を経路ごと暗号化できる仕組みも提供する。

 

 
 
写真2●「i-Pro EXTREME」のセキュリティ関連機能
[画像のクリックで拡大表示]
 

 パナソニックの業務用カメラは、インターネットに接続せずに利用する場合が多かったことも踏まえ、旧機種では工場出荷時に「admin/12345」という管理者用デフォルトパスワードを設定していた。2016年以降に発売した機種ではデフォルトパスワードを廃止し、初回アクセス時に管理者用パスワードの設定を必須とした。旧機種についてもファームウエアのアップデートと管理者用パスワードの設定を呼びかけている。

 

 高桑誠セキュリティシステム事業部技術センター所長は、「安易なパスワードを狙ったサイバー攻撃の試行は実際に起こっており、今後も対策が必要だ。さらにもう一段階セキュリティを高めるために、デバイス証明書を標準搭載することにした」と説明する。

 

 新機種では「iA高画質」と呼ぶ技術を盛り込んだのも特徴。被写体の動きが速い、逆光、暗いといった悪条件でも自動的に撮影設定を最適化し、判読しやすい映像を撮影する。一般消費者向けデジタルカメラ「LUMIX」で培った技術を応用したという。

 

Source: http://itpro.nikkeibp.co.jp




「&AND HOSTEL」がソニーの新規事業創出プログラムから生まれたIoTデバイスを導入

News|2017.04.24

and factoryが運営するスマートホステル「&AND HOSTEL」の2号店において、ソニーのIoTデバイスを導入した。

80ヶ国語対応のパーソナル音声翻訳デバイス「Travis」、クラウドファンディングで300パーセント達成の人気ぶり

News|2017.03.30

こんな夢のような翻訳を実現するデバイスが、今回紹介するパーソナル・ボイス・トランスレーター「Travis」だ。

ロボットによる採用面接が可能に! T&Aの新サービス『(仮)AI面接官』が5月提供開始

News|2017.03.23

株式会社タレントアンドアセスメント(T&A)は、独自の戦略採用面接メソッド「T&Aメソッド」を取り入れた人工知能(AI)による採用面接サービス『(仮)AI面接官』を5月上旬より提供開始する。

お問い合わせ