Home / 開発実績 / Webシステム開発 / D2Cへ、音楽系アーティスト公式ファンクラブ管理システム開発

D2Cへ、音楽系アーティスト公式ファンクラブ管理システム開発

D2Cへ、音楽系アーティスト公式ファンクラブ管理システム開発
data
内容

■D2Cへ、音楽系アーティストのオフィシャルサイト/ファンクラブのプラットフォームシステム開発

チケット販売時などアクセスが集中します。高負荷なユーザーアクセスに耐えるサーバーを構築し、上流工程の設計フェーズから対応いたしました。
複数のアーティストサイトを管理できるCMSを構築
フロントエンドは、オフシャルサイトとファンクラブサイトの両方のサイト構築が可能
マルチデバイス対応のレスポンシブデザインで制作
スクラッチ開発でかつ短期間でのサービスインというご要望で難易度の高いプロジェクトでしたが
無事にローンチしております。芸能界にもファンと直接取引するD2Cの流れが来ています。

 

■芸能事務所のファンクラブサイトの課題

既存のASPのファンクラブ制作サービスではカスタマイズができずに使い勝手が悪く困っていました。
今後の拡張を踏まえコストを抑えて運用が行えるようにスクラッチでの開発のご要望となりました。

 

■D2Cとは

Direct to Consumerの略で、自ら企画、生産した商品を流通業者を挟まず、消費者とダイレクトに取引する販売方法を指します。ソーシャルメディア(SNS)やECサイト、直営店舗で消費者とコミュニケーションをとり、生産した商品を販売します。最近では物販の分野だけでなく芸能分野でも芸能事務所を独立してYOUTUBERになりファンと直接取引していく事例もあります。

■ファンクラブプラットフォームの特徴

フロントサイトは、CSS3やJQueryを活用してHTML5でシステム開発しました。
CMSはLaravel (PHP), MySQLで構築

▽主な機能
・会員管理
・新規入会・継続の決済機能
・ニュース機能
・作品コンテンツ制作機能
・ブログ機能
・壁紙ダウンロード機能
・動画配信
・Q&A投稿・配信機能
・メール配信
・会員向けメール送信テンプレート管理
・問い合わせ管理
・決済管理

■開発期間

開発期間
2020年6月から2020年8月
開発規模
8人月

■対応範囲

課題のヒヤリング
クライアントの課題と要望を確認しまして
要件定義書の

要件定義
クライアント様の方で、UIデザイン含めて、要件定義をまとめました。
システム要件については、日本人コンサルタントが要件定義サポートをしました。

基本設計・詳細設計
日本人コンサルタントが外部設計書を作成し、
ベトナムオフショア側が内部設計を作成いたしました。

コーディング
フロントエンドは、CSS3やJQueryを活用してHTML5で開発、CMSはLaravel (PHP), MySQLで構築

サーバー環境構築
サーバはAWSクラウドサービスを提案して開発環境含めて環境構築しました。

システムテスト
単体テスト、結合テストを実施の上、
性能テストも実施いたしました。

受入テスト
テストケースを作成の上、受入サポートを日本人コンサルタントが対応しました。

システム保守・運用
今回は、サーバー構築から設計まで対応し、設計フェーズと並行しながら部分的にアジャイル形式で開発しました。
リリース後もシステム運用、保守でシステムの稼働のサポートを行っています。
・定期監視
・トラブル発生時の原因の調査・切り分けなど
・追加改修(定期的に追加機能の開発を行っています。)

■対応技術

PHP,Laravel5,HTML5/CSS3

■今後のアップデート

決済方法の種類追加、会場での新規入会処理など新しい機能を追加する予定です。

■類似実績

サロン予約管理サイト
複数のサロン店舗の予約管理サイト

今後もアーティストが追加される予定なので楽しみです。

実績一覧

■診療予約システムをVB.Net(Visual Studio2019)へマイグレーション 診療予約システムを2008年からパッケージ販売しているクライアントの案件です。 今回はVB6.0からWindo

クライアント様のデバイス機器とAWSソリューションと連携してデバイス機器の操作やデータを取得してダッシュボードなど可視化する 企画の元、研究開発を一貫としてAWSのサーバー構成の設計・構築を対応いたしました。

近年、法的要件の厳格化により、企業や組織は電子帳簿の管理にますます注意を払っています。2024年には、電子取引データの電子保存義務がさらに強化される見込みです。このような法改正に適切に対応するためには

さくらクラウドでのシステム対応できるエンジニアを確保できないため、AWSクラウドへマイグレーションします。

住宅の内装を360コンテンツで回遊できるシステムを開発しました。住宅メーカーはリコーTHETAなどの360度カメラで撮影したデータをCMS(コンテンツマネジメントシステム)から簡単に登録できます。各部屋への移動を設定でき簡単に360コンテンツを作成できます。

無料相談
お問い合わせ