ベトナムふしぎ発見! ベトナムはあらゆる世界ランキングの常連 ベトナムふしぎ発見! ベトナムはあらゆる世界ランキングの常連

2016.10.07
ベトナムふしぎ発見! ベトナムはあらゆる世界ランキングの常連

 

Them bang chung nguoi Viet rat lac quan va hanh phuc

 

 

好物はビールと即席麺!
“性”を最もググるもネットは激遅

 

         ベトナムは「美しいビーチ」など旅行ランキングによく登場する一方で、少し残念な調査結果にもお目見えする。発展途上国なのに「アジアのビール消費国:第3位(2015年)」、1人あたり1年に55個を食べる「世界のインスタント麺消費国:第5位(2015年)」、性教育の遅れが指摘される状況で「世界で最も“セックス”をグーグル検索する国:第1位(2009年。2014年は8位)」、「世界で最もインターネットの速度が遅い国:第4位(2016年)」など。誇れないことばかりで残念だ。

 

世界に誇れる「楽観的な国」

 

         2014年に44ヶ国で行われた将来への楽観度の調査によると、ベトナムはなんとナンバーワン。将来の世代がより良い条件で暮らせるという明るい希望を抱く国民が94%(経済成長が最も早い中国は86%)だった。世界トップ級の明るい国民性からか、2016年7月の「地球幸福度指数/Happy Planet Index(HPI)」で世界第5位、アジアで第1位を占めた(日本は58位)。

 

        このような結果が出る度に、一部の博識なネット市民や社会学者は、「明るさ自慢より、公的債務、経済格差などに集中するべき」と指摘する。だが、マクロな問題に対してなすすべを持たない一般市民は、このランキングに半信半疑ながらも「うれしいな~」と、やはり楽観的なのだった。

 

 

 

 

Source:

http://www.vietnam-sketch.com/2016091683121




ラムドン省で日本のトマト栽培に成功

News|2017.04.20

南中部高原地方ラムドン省バオロック市ロックガー村に住むマイ・タイン・ニャーさん(男性・48歳)は、種苗会社の株式会社サカタのタネ(神奈川県横浜市)の苗木を用いたトマトの栽培に成功した。

ダラット:ソメイヨシノの栽培に成功、開花時期も日本と同じ

News|2017.03.28

ダラット市で栽培されているこの桜も、日本と同じ時期に開花するという。

ダラット:日本のイチゴ栽培に成功、高価でも販売好調

News|2017.03.20

代表的な企業として、同市で日本の大粒イチゴを栽培しているクリエイト・スター(Creat Star)が挙げられる。

ベトナムEC市場、年平均+25%の高成長―4G普及で更に期待

News|2017.03.09

ベトナムにおける第4世代移動通信システム(4G)サービスの本格展開に伴い、国内の電子商取引(eコマース=EC)市場が大きく成長するとの期待が高まっている。