ARクラウド

Facebookが手がけるバーチャルオフィス「Infinite Office」の概要

XR開発に力を入れるFacebookは、2020年にVRで体感できるバーチャルオフィス、「Infinite Office」を発表しました。 現実には十分なスペースを確保できずとも、VR空間を使うことによって、本来存在しないはずのワークスペースを仮想的に実現し、オフィスとして利用する技術です。 非常に近未来的な取り組みとなるこのサービスは、どのように活躍してくれるのかについて、ご紹介します。

詳細を表示 »

AR/VR関連市場の将来展望(2020年最新版)

AR(拡張現実)やVR(仮想現実)といった視覚技術を目にする機会は増えてきています。 そして、これらの技術に関連する市場も成長を続けており、近い将来に一大マーケットを形成するとも言われています。 2020年以降、ARやVRの市場はどのように成長していくのかについて、ご紹介していきます。

詳細を表示 »

スマホからライブ会場が出現、ダンサーと光の演出がシンクロするARライブとは

COVID-19の影響によりアーティストのライブは延期や中止が多くなっています。ただし、オンライン上での無観客ライブが増えてきています。 同じ空間でパフォーマンスができない状況の中で新たな演出方法としてARライブが注目されています。 今までの光や音の表現に加えて更にライブ事業を盛り上げるARライブについて紹介します。

詳細を表示 »

HoloLens2で遠隔支援するDynamics 365 Remote Assistとは

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響もあり容易に出張や現地に行くことができない状況が続いています。 Microsoft社の「Dynamics 365 Remote Assist」は技術者やエキスパートが現地に行くことなく、遠隔支援で作業者の不安や疑問を解消することに役立てられます。 また、Microsoft HoloLens2を使用することにより更に活用が期待されています。

詳細を表示 »

車社会におけるARカーナビPhiarの可能性とは?

近年車の運転をサポートするサービスが増えています。今回紹介する「Phiar」は、ARの技術を活用したカーナビゲーションシステムです。 ARカーナビゲーションシステムによって、私たちの生活にどんな変化をもたらすのか、またAR技術がどのように活用されるのかご紹介いたします。

詳細を表示 »

AR/VR業界スタートアップ企業のNextVRをAppleが買収

NextVRというスポーツをメインにVRのライブ配信を行なっているスタートアップ企業をAppleが買収しました。 AppleのCEOティム・クックはAR事業について好意的であると公表していましたが、2020年5月にVR事業にも強い一歩を踏み出しています。 AR/VR分野におけるApple社の狙いとはどのようなものでしょうか。

詳細を表示 »

ARで疑似体験できる!Cybertruckのアプリと特徴を紹介

「車を購入する前にサイズを確認したい」 「CybertruckのARアプリが気になる」 電気自動車メーカーとして有名なテスラは2019年11月、電気で動くトラック「Cybertruck」を発表しました。一般的なトラックと同じような収容能力があり、サイズがかなり大きい特徴があります。 非公式のARアプリをダウンロードすることで、「Cybertruck」のサイズ感を簡単に確かめることが可能です。この記事では「Cybertruck」に対応したARアプリについて紹介します。

詳細を表示 »

ARクラウドとは何か?仕組みや実現可能な事例を分かりやすく解説

現実世界とデータを連動させて、インターネット上で拡張世界を利用できる仕組みがARクラウドです。複数の端末で拡張世界を共有できて、ARでコミュニケーションを実現できるのがメリット。 この記事ではARクラウドの特徴や仕組み、実現可能な事例について詳しく解説します。

詳細を表示 »
無料相談・お問い合わせ
・見積もりの相談 (システム開発の費用を概算で知りたい方?)
・企画段階からの相談 (こんなアプリの開発できますか?)
・オフショア開発に不安のある方 (オフショア開発って何ですか?)
・ベトナムやONETECHに興味のある方 (ベトナムでビジネスしたいのですが)
・エンジニア人材不足にお悩みの方 (エンジニアを採用したいのですが?)
ご相談やお見積もりは全て無料で対応いたします。

下記入力フォームに入力し、送信をお願いいたします。後日、担当者から折り返しご連絡させていただきます。また、ご送信頂いた内容によっては、ご回答にお時間がかかる場合がございますのでご了承ください。

無料相談・お問い合わせ
・見積もりの相談 (システム開発の費用を概算で知りたい方?)
・企画段階からの相談 (こんなアプリの開発できますか?)
・オフショア開発に不安のある方 (オフショア開発って何ですか?)
・ベトナムやONETECHに興味のある方 (ベトナムでビジネスしたいのですが)
・エンジニア人材不足にお悩みの方 (エンジニアを採用したいのですが?)
ご相談やお見積もりは全て無料で対応いたします。

下記入力フォームに入力し、送信をお願いいたします。後日、担当者から折り返しご連絡させていただきます。また、ご送信頂いた内容によっては、ご回答にお時間がかかる場合がございますのでご了承ください。