UNITY

AR/VR開発をUnityでやろう【後編】

最近AR/VRが話題になっているけど、どうやって作っているのか気になる方もいらっしゃると思います。AR/VRは「Unity」と呼ばれるゲームエンジンを使って、開発します。この記事では前編に引き続き「Unity」のサインイン方法、ライセンス認証方法、インストール方法について解説いたします。ぜひ参考にしてください。

詳細を表示 »

AR/VRエンジニアの人気は前年比14倍?!UNITYの人気の理由と仕事内容!

近年AR/VRの技術は、ゲーム業界に留まらず、様々な業界で実験的に利用され始めています。 求人サイトの「Hired」が作成したソフトウェアエンジニアに関するレポートによると、2019年の1年間でAR/VRエンジニアの求人数は前年比の14倍にも伸びていたことが分かりました。 まだまだ発展途上の技術ではありますが、今後ますます需要は伸びていくと予想されており、将来的にも非常に明るい技術であると知られています。

詳細を表示 »

Unity BIM Importerとはなにか?VR/ARなどに活用するメリットや事例

「3Dモデルを管理・閲覧するのに便利なUnityでBIMを扱いたい」 「Unity BIM Importerを活用するメリットや価格が気になる」 建築モデルを記録したBIMデータをUnityに取り込むためのツールがUnity BIM Importerです。スムーズにBIMデータをUnityにインポートできることで、ARやVRに変換しやすくなるのが特徴。

詳細を表示 »

Face APIとは何か?サービスの特徴や価格、活用事例

「人物の顔から年齢や感情、姿勢などの情報を分析したい」 「Face APIによってどんなことを実現できるのか気になる」 画像から人物を分析して情報を読み取るためのシステムとしてFace APIがあります。システムやアプリにFace APIを組み込むことで、人物を検索したりグループ化したりできるのが特徴。

詳細を表示 »

BIMはUnreal Engineで再現できる!メリットや手法を解説

「設計した建築物をリアルな描写で見てみたい」 「BIMをどのようにしてUnreal Engineで活用するのか知りたい」 BIMデータには性能や寸法などの情報があるため、ゲームエンジンで建築物を表現できます。Unreal Engineを活用することで品質の高いBIMモデルをARやVRで閲覧できるのがポイント。 この記事ではBIMモデルをUnreal Engineで再現する方法やメリットについて紹介します。

詳細を表示 »

ARkit3って何?2からの改善点や実現可能なアプリを紹介

「iPhoneやiPadでAR機能を使うためのフレームワークについて興味がある」 「ARKit3の新しい機能や改善点を知り、実現可能なアプリを見てみたい」 iOSを搭載したiPhoneやiPadで拡張現実を体験するための機能がARKitです。iOS11からARKitを利用できるようになり、2019年6月にはアップルからARKit3が発表されています。 どのような機能であるのか、ARKit3の新機能や実現可能なアプリについて詳しく見ていきましょう。

詳細を表示 »

Unityがなくても実現できる!VTuberの制作ツールを紹介

Unityがなくても実現できる!VTuberの制作ツールを紹介 キャラクターを取り入れた動画を制作し、YouTubeなどの配信サイトで活躍しているのがVTuberです。VTuberの数は増えている傾向であり、キャラクターの制作を検討している人も多くいます。 今ではVTuberの制作ツールが多数あり、手間がかかるUnityを使わなくてもモデルを制作することが可能です。これから始める人にオススメの制作支援ツールを紹介します。

詳細を表示 »

UnityはVR ARでどのように発展?

UnityはVR(バーチャルリアリティ)やAR(拡張現実)及び3Dアプリという分野において参加してからというもの、いよいよ強く発展している。なぜ、若いゲームエンジンとしては、ほとんどの現代のエンターテインメントプラットフォームで強く支配できているのか? Unityは、スマートフォンやPC、ゲーム機、スマートTV、さらにVR / ARデバイスという約30種類のプラットフォームですべて対応するのだ。それに、AppleのARKitやGoogleのARCoreを含む最新のVR / ARプラットフォームのほとんどと統合することもできる。

詳細を表示 »

画像認識ソリューションとして有名なVuforiaを紹介します。

ARを活用してアプリやシステムを開発するためのプラットフォームがVuforiaです。Vuforiaエンジンという機能によってカメラやセンサーを制御し、ARを表現するための目を実現しています。 開発プラットフォームであるVuforiaはスマートフォンやタブレット、スマートデバイスに対応しているのがポイント。デバイスを活用して現実の中にコンテンツを表現します。 アイデアを実現するためにVuforiaには多様なARライブラリが備わっています。マーカーの認識だけでなく、クラウドを活用した認識や追従認識といった機能にも対応。 今ではVuforiaによって開発されたアプリが4億台以上のデバイスにインストールされていて、ARを活用した開発に欠かせません。ユーザーにAR体験を届けるためにVuforiaは役立ちます。

詳細を表示 »

UnityやOpenCVの魅力や可能性を理解していただけたでしょうか?

Unityについては、周知の通りゲーム開発で多くのエンジニアに使われています。世界規模での利用者数は600万人を超えました。 このように多くのエンジニアから愛される理由は、エディタの中でゲームの操作や表示を確認できてトライ&エラーがスムースにできて、ノンプログラムでもゲーム開発ができてしまうことが挙げられるでしょう。 また、画像処理、画像解析の需要は年々高まっています。 画像認識のOpenCVでの開発に注目が高まっています。

詳細を表示 »

ONETECHはベトナムで3DCG制作をしています

ONETECHはベトナムで3DCG制作をしています。3DCG制作チームは、ゲームの背景はもちろん、キャラクター制作、工業製品、自動車などエンターテインメントだけでなく、エンタープライズ向けの3DCG制作のモデリング、レンダリング、モーション、テクスチャ付などの実績が増えてきました。またUnityで書き出して、AR、VRなどアプリケーションも一括で請け負うケースも対応しています。

詳細を表示 »
無料相談・お問い合わせ
・見積もりの相談 (システム開発の費用を概算で知りたい方?)
・企画段階からの相談 (こんなアプリの開発できますか?)
・オフショア開発に不安のある方 (オフショア開発って何ですか?)
・ベトナムやONETECHに興味のある方 (ベトナムでビジネスしたいのですが)
・エンジニア人材不足にお悩みの方 (エンジニアを採用したいのですが?)
ご相談やお見積もりは全て無料で対応いたします。

下記入力フォームに入力し、送信をお願いいたします。後日、担当者から折り返しご連絡させていただきます。また、ご送信頂いた内容によっては、ご回答にお時間がかかる場合がございますのでご了承ください。

無料相談・お問い合わせ
・見積もりの相談 (システム開発の費用を概算で知りたい方?)
・企画段階からの相談 (こんなアプリの開発できますか?)
・オフショア開発に不安のある方 (オフショア開発って何ですか?)
・ベトナムやONETECHに興味のある方 (ベトナムでビジネスしたいのですが)
・エンジニア人材不足にお悩みの方 (エンジニアを採用したいのですが?)
ご相談やお見積もりは全て無料で対応いたします。

下記入力フォームに入力し、送信をお願いいたします。後日、担当者から折り返しご連絡させていただきます。また、ご送信頂いた内容によっては、ご回答にお時間がかかる場合がございますのでご了承ください。