Home / 開発実績

ONETECH開発実績

ONETECHはベトナムオフショア開発でシステム開発、 ソフトウェア開発、 スマホアプリ開発、 受託開発、 ラボ型開発、 AR/VR/AI/IoTの研究開発、 システム運用、 3DCG制作を提供しています。日本国内の上場企業からベンチャー企業60社との取引実績、 200以上のプロダクト納品実績がございます。

ビンゴゲームのWEBアプリをAndroidタブレットアプリで移植開発しました。 既存の開発済みのWebシステムをUnityアプリ化。どこでもゲームに参加して楽しむことができるオンラインゲームシステムです。

製造業のエンドクライアントからの要望でホロレンズMR遠隔支援アプリを制作 製造現場の複数拠点から3Dモデルも共有しながらリアルタイム通話で打ち合わせを実施できます。 UNITYとAR Foundationを利用して開発しました。

実際のオフィスをCGで再現したVR脱出ゲーム(HTC VIVE/UNITY/STREAM)開発 実際のオフィスをバーチャルで表現したVR空間で謎解きをして15分以内に脱出するゲームです。 実際のオフィス写真を参考して3DCGコンテンツも制作

本件は2017年に弊社が作成してリリースされたVRアプリの改修です。 UNITYのバージョンアップ、Google Cardboard SDKのバージョンアップ、UIの修正などを実施しました。 VR元年に大変話題になったVRアプリの改修です。

ビジュアルプログラミング、ロボット操作シミュレーションアプリ開発 ロボット操作教育のため、ビジュアルプログラミングを活用したアプリを開発しました。 新製品のロボット操作の訓練ができるアプリです。画面上でロボットの3Dモデルを画面上のコントローラーで動かすことができます。UNITYで開発。

YoloフレームワークとOpenCVを利用して、物体や文字を画像認識で読み取る。データによる情報表示、サーバー側にデータ格納。ホロレンズ(HoloLens)MR業務効率化支援アプリ。

AR(拡張現実)の技術を用いたARコンテンツで、スマホカメラに3Dキャラクターを出現、ライブをさまざまな視点から見るなど、臨場感あふれる視聴体験

インバウンド需要の急拡大で博物館への来館者に向けた多言語対応のスマホアプリの開発実績です。iBeaconにより近接通信で展示物を鑑賞するためのガイダンスがAR表示されます。

2016年7月から2年間でVR(バーチャルリアリティ:仮想現実)、AR(オーグメンテッドリアリティ:拡張現実)のアプリ開発を行いました。 2名のベトナムUNITYエンジニアが2ヶ月に1本のペースでVRアプリ開発に対応しました。

タブレット学習用、鑑賞ガイドスマホをUNITYで開発しました。以前に開発した鑑賞用ガイドアプリをベースに学生向けの鑑賞ガイドアプリを開発しました。学習の一環として親しみやすい文化体験が行えるアプリです。

実際のオフィスにどこでもドア『Magic Door』が現れ、ドアの先には仮想空間の草原が広がっています。ユーザーは現実空間と仮想空間を行ったり来たりすることができます。

2016年7月ベトナム広告制作会社様の駐在員事務所の設立をしました。弊社代表のグエンラムタオが現地責任者となりました。この広告制作会社様はWEB開発、アプリ開発を多く手掛けています。特に最近はxR分野に力を入れている会社です。日本の地方都市に会社があり、エンジニアの人材不足に課題を持っておりました。

無料相談
お問い合わせ