Top / 開発実績 / AR/VR/MR 開発 / 地方自治体の公式AR防災アプリ開発。ジャイロセンサーにより津波の高さを表現

地方自治体の公式AR防災アプリ開発。ジャイロセンサーにより津波の高さを表現

地方自治体の公式AR防災アプリ開発。ジャイロセンサーにより津波の高さを表現
Data
内容

■地方自治体の公式AR防災アプリ開発。ジャイロセンサーにより津波の高さを表現

津波や浸水の高さがAR(拡張現実)で実感できる地方自治体の公式アプリを開発しました。津波により現在地がどの程度浸水してしまう可能性があるかをARで表現しているところが特徴です。AR部分のみを弊社が開発しました。Java, Object-C, X-Codeで制作しました。

 

■防災の事前学習として有効

現在地がどの程度浸水してしまうかなどARで視覚的に把握できます。GPS情報と連動して、カメラで撮影した実写の映像に現在位置周辺の被害想定や避難所情報を合成して表示します。防災の事前学習として有効なアプリです。

 

 

■開発期間

開発期間
2016年1月から2016年2月
開発規模
1.5人月

■対応範囲

クライアント様より企画書をいただき仕様把握

要件定義
クライアント様にて対応
技術的部分をサポート

基本設計・詳細設計
クライアント様が画面定義書を作成
内部設計をベトナムオフショア側で対応

コーディング
Java, Object-C, X-Codeで開発

システムテスト
単体テスト、結合テストをしました。

受入テスト
クライアント様にて対応。

■対応技術

Java, Object-C, X-Code,google Map API

■今後のアップデート

ONETECHでは地方自治体向けの防災関連のアプリを合計3本開発しております。

■類似実績

昨今の防災意識が高まる中で、地方自治体の公式アプリを制作しました。有事の際に最寄りの避難場所を示す矢印がAR表示されるのが特徴です。ARはmetaio SDKとgoogle mapのマッシュアップで制作

 

ONETECHはUNITYでAR/VRアプリの開発

AR/VR/MR開発
AR/VR/MR開発は2015年より取り組んでおります。UNITYの技術者育成に力を入れて取り組んでいます。HoloLens/Oculus/HTC VIVE/Nreal Lightなど最新のデバイスも取り揃えています。

フロントエンド、バックエンド、サーバサイドの開発も一括して受けられます。
AR/VR/MRアプリ開発、AI開発、3DCG制作、HoloLensアプリ開発に興味のある方はお気軽にお問い合わせください。

 

実績一覧

ONETECHはベトナムでVR(バーチャルリアリティ:仮想現実)空間でアバターでコミュニケーションができるバーチャルオフィスシステムを開発しています。 今回のアップデートで、実際のオフィスのようにエントランスからロビーを通り会議室に入室して会議ができるように更新しました。

バーチャル空間で実際にオフィスにいるかのように、VR空間上で会議や共同作業をします。 TapStrap(タップストラップ)をつかったタッチタイピングも可能です。 VRバーチャルオフィスアプリを開発しました。Oculus Questに対応しています。

橋梁やトンネルなどの保守点検業務のDX(デジタルトランスフォーメーション)のための研究開発案件です。点検履歴は通常設計図に補修箇所や補修箇所の情報を手書きで書き込んで残しています。今回はまず紙データの点検履歴をデータ化します。そしてホロレンズ上で点検履歴を現物と照査してAR表示する研究開発を実施しました。

デジタルツインの活用として、本アプリは作業者と遠隔地にいるエキスパートとリアルタイムで作業の状況を共有することができます。今回のアップデートでARマニュアル機能と、セブンセグメントのデジタル数値を認識する機能をアップデートしました。

ウィズコロナ時代のニューノーマル非接触型コミュニケーションとして期待されているVR会議システム、VRオフィスシステム。2020年7月のセミナーで披露しましたが、非常にお問い合わせが多く9月に再度バージョンアップを行いました。