MINISO名創優品がホーチミンにも出店、5店舗一斉オープン MINISO名創優品がホーチミンにも出店、5店舗一斉オープン

2016.12.20
MINISO名創優品がホーチミンにも出店、5店舗一斉オープン
(C) sggp
(C) sggp

 

 生活雑貨やアイデア商品などを扱う小売ブランドMINISO名創優品(メイソウ)が、ハノイ市に続いてホーチミン市にも出店した。同社は17日、ホーチミン市1区で2店舗を同時オープンした。12月中に、同市で更に3店舗を、また9月に3店舗を出店したハノイ市でも2店舗を新たにオープンする計画だ。

 

 今回オープンしたのは、◇1区チャンフンダオ通り27番地(27 Tran Hung Dao St., Dist.1)、◇1区グエンフエ通り78番地(78 Nguyen Hue, Dist.1)に位置する2店舗。取り扱い商品の価格は4万3000VND(約225円)から。

 

 名創優品は2013年設立。日本人デザイナー三宅順也氏と中国の若手企業家葉国富氏が創設したブランドで、日本のほか、中国やシンガポール、フィリピン、米国、イタリア、ドバイなど海外に約1600店舗を構えている。

 

 ベトナムでは、2017年2月末までに、◇北中部地方ゲアン省ビン市、◇東北部地方クアンニン省ハロン市、◇紅河デルタ地方ハイフォン市、◇東北部地方フート省ベトチー市にも出店し、店舗数を15店舗に増やす計画だ。また、2017年中に国内30省・市で60店舗を展開する目標を掲げている。

 

Source: http://www.viet-jo.com/




ラムドン省で日本のトマト栽培に成功

News|2017.04.20

南中部高原地方ラムドン省バオロック市ロックガー村に住むマイ・タイン・ニャーさん(男性・48歳)は、種苗会社の株式会社サカタのタネ(神奈川県横浜市)の苗木を用いたトマトの栽培に成功した。

ダラット:ソメイヨシノの栽培に成功、開花時期も日本と同じ

News|2017.03.28

ダラット市で栽培されているこの桜も、日本と同じ時期に開花するという。

ダラット:日本のイチゴ栽培に成功、高価でも販売好調

News|2017.03.20

代表的な企業として、同市で日本の大粒イチゴを栽培しているクリエイト・スター(Creat Star)が挙げられる。

ベトナムEC市場、年平均+25%の高成長―4G普及で更に期待

News|2017.03.09

ベトナムにおける第4世代移動通信システム(4G)サービスの本格展開に伴い、国内の電子商取引(eコマース=EC)市場が大きく成長するとの期待が高まっている。

お問い合わせ