『サイエンス』誌のロボティクス版発刊。1月末まで無料アクセス 『サイエンス』誌のロボティクス版発刊。1月末まで無料アクセス

2017.01.23
『サイエンス』誌のロボティクス版発刊。1月末まで無料アクセス

アメリカ科学振興協会(AAAS)が発行する学術雑誌『サイエンス』誌のロボット版『ScienceRobotics』が発刊される。すでにサイトがオープンしており、1月末までは無料でアクセスできる。

 

『ScienceRobotics』のサイト(http://robotics.sciencemag.org/より)

 

「ロボットがユビキタスになっている現在、その影響力は大きい。この雑誌は、ロボットに関わる技術の発展と社会的、倫理的、政策的問題を議論する場を提供する」としている。

 

取り扱うエリアは従来のロボティクスから、新しい分野である生物模倣的ロボティクス、ナノロボティクス、モレキュラー・マシン、ロボティクスのための科学/科学のためのロボティクス、人間をオーグメントするロボティクスなどもカバーする幅広いものになるという。その範囲については、ここに説明がある。

 

またオンラインでの補足資料や設計/コードのレポジトリーも提供する予定だ。

 

Source: http://robonews.net/




「AI白書 2017」を読めば、人工知能の情報をキャッチアップできる

News|2017.08.28

7月20日、人工知能の今を網羅した「AI白書 2017」が角川アスキー総合研究所より刊行された。「ディープラーニングが、すべてを変えた」というキャッチコピーにもある通り、昨今話題のディープラーニングの話を軸の一つに据えて、人工知能の今に迫った一冊だ。

NASAの研究者はVR技術で火星を調査している

News|2017.05.18

VRであれば、実際には行くのが難しかったり、行くことができない場所にも本当に行ったかのような体験が可能になる。その性質と特に相性の良い舞台の一つが宇宙だ。

Felix & Paul StudiosとOculus、元大統領のガイドでホワイトハウスツアーを楽しめるVRドキュメンタリーフィルムをリリース!

News|2017.05.03

Felix & Paul StudiosとOculusがTribeca Film FestivalでフルVRドキュメンタリーフィルム「The People’s House」をリリースした。

レンタルオフィスのCROSSCOOP SINGAPORE、 受付業務省力化に向けてNAOを使った実験開始

News|2017.03.29

CROSSCOOP SINGAPOREが人型ロボット「NAO」を使ったレンタルオフィスの受付業務省力化の実証実験を開始した。

お問い合わせ