3DCG制作
国土交通省が発表したProject Plateauとは何か。デジタルツインの可能性
リアル空間をリアルタイムで再現できるサイバー空間を指す「デジタルツイン」というキーワードが近年注目されています。 国土交通省は3D都市モデル整備・活用・オープンデータ化のリーディングプロジェクト「Project Plateau」を公開しています。 この記事では国土交通省がオープンデータ化している「Project Plateau」について解説し、デジタルツインの可能性について調べます。ぜひ参考にしてください。
3DCG制作
クラウドレンダリングとは?基本からメリットまで解説!
近年、クラウドレンダリングというサービスが、CG制作現場などで徐々に普及してきています。 クラウドレンダリングを導入すれば、映像編集や3DCG制作をするときに、作業にかかる時間や費用といったコストを大幅に削減できる可能性があります。 今回は、クラウドレンダリングの基本からメリットまで解説し、主要なサービスをご紹介します。
3DCG制作
初めてのCAD運用に最適なSketchUPの強みとは
3D CADは製造業から建設業まで、様々な業界で活躍する技術ですが、それだけにその運用を支援するソフトも数多く存在します。 中でも初めての3Dモデリングに最適とされるのが、Trimbleが提供するSketchUPシリーズです。 今回はSketchUPが持つCADソフトとしての強みについて、ご紹介します
AR/VR/MRアプリ開発
没入型VR エクスペリエンスもBIM運用のクラウド化を推進する「Revizto」の強み
BIMは建設業界を中心に、日本でも導入が進められているテクノロジーの一つです。 BIM運用にはメリットが大きい反面、最新技術ゆえの使いづらさもありますが、それを克服してくれるのが、「Revizto」です。 今回は没入型VR エクスペリエンスも可能な最新BIMプラットフォームであるReviztoの強みについて、ご紹介します。
3DCG制作
建設業界で活躍するBIM運用ソフトRevitにできること
BIM運用にあたって、最近では様々なソフトの運用が進んでいます。中でもポピュラーなBIMソフトとして注目を集めるのが、Revitです。 Revitはなぜ人気なのか、Revitを使ってどのようなことができるのかについて、今回はご紹介します。
ソフトウェア開発
メッシュモデルとは?3Dモデル化してCADデータに取り込む方法
3Dモデリングが普及し始めるとメッシュモデルという言葉もよく使われるようになってきました。今回はメッシュモデルの性質について確認し、3DのCADデータとして運用する方法について、ご紹介していきます。
ソフトウェア開発
3Dホログラムとは?
3Dホログラムは3次元フローティング画像とも呼ばれており、これは英語でいうホログラフィ、3Dプレゼンテーション技術のプロダクトです。ホログラフィはギリシャ語に由来し、ホロ(全体の)とグラフ(記録)の組み合わせからできます。
ソフトウェア開発
建築で役立つBIMとは?モデルを活用するメリットや活用事例
「建物の設計図をより効率的に制作できる方法を探している」 「BIMを導入することでどのようなメリットがあるのか知りたい」 コンピュータで建築物を再現するときに役立つのがBIMです。パーツから建築物を組み立てることができ、建築に関わるすべての人が簡単に建物の性能やコストを確認できる利点があります。
ソフトウェア開発
Unity Reflectとは?BIMやCADとの連携や活用方法について
「BIMやCADをより簡単に扱えるアプリを探している」 「Unity Reflectを使うことで何ができるのか知りたい」 設計ソフトで制作した建築モデルを直感的に操作できるアプリがUnity Reflectです。さまざまなデバイスでUnity Reflectを利用でき、技術者でなくてもモデルを扱えるのがポイント。 この記事ではUnity Reflectの特徴や活用方法について紹介します。
3DCG制作
3DCG制作のワークフローや特徴を解説
「デザイン初心者必見!3DCG制作のワークフローや特徴を解説。コンピュータグラフィックスによりコンテンツを作り出すには、さまざまな工程があります。」 こんにちは、ONETECHの和田です。 去年より3
無料相談・お問い合わせ
ご相談やお見積もりは全て 無料 で対応いたします。

    「個人情報保護方針」をお読みいただき同意いただける場合は「送信」ボタンを押して下さい。
    入力していただいたメールアドレス宛に自動返信メールを送信していますので、お手数ですがそちらをご確認ください。
    無料相談
    お問い合わせ
    無料相談・お問い合わせ
    ご相談やお見積もりは全て 無料 で対応いたします。

      「個人情報保護方針」をお読みいただき同意いただける場合は「送信」ボタンを押して下さい。
      入力していただいたメールアドレス宛に自動返信メールを送信していますので、お手数ですがそちらをご確認ください。