3Dホログラム

没入型VR エクスペリエンスもBIM運用のクラウド化を推進する「Revizto」の強み

BIMは建設業界を中心に、日本でも導入が進められているテクノロジーの一つです。 BIM運用にはメリットが大きい反面、最新技術ゆえの使いづらさもありますが、それを克服してくれるのが、「Revizto」です。 今回は没入型VR エクスペリエンスも可能な最新BIMプラットフォームであるReviztoの強みについて、ご紹介します。

詳細を表示 »

初めてのCAD運用に最適なSketchUPの強みとは

3D CADは製造業から建設業まで、様々な業界で活躍する技術ですが、それだけにその運用を支援するソフトも数多く存在します。 中でも初めての3Dモデリングに最適とされるのが、Trimbleが提供するSketchUPシリーズです。 今回はSketchUPが持つCADソフトとしての強みについて、ご紹介します

詳細を表示 »

メッシュモデルとは?3Dモデル化してCADデータに取り込む方法

3Dモデリングを多くの人が扱うようになったことで、メッシュモデルという言葉もよく使われるようになってきました。 網目状に表現されたメッシュモデルは、人の目から見れば3Dモデルと大きな違いはないように思われますが、その性質は3Dモデルと微妙に異なります。 今回はメッシュモデルの性質について確認し、3DのCADデータとして運用する方法について、ご紹介していきます。

詳細を表示 »

3Dホログラムとは?ホログラフィックのアプリケーション技術を知っておきましょう。

3Dホログラムは3次元フローティング画像とも呼ばれており、これは英語でいうホログラフィ、3Dプレゼンテーション技術のプロダクトです。ホログラフィはギリシャ語に由来し、ホロ(全体の)とグラフ(記録)の組み合わせからできます。

詳細を表示 »

建築で役立つBIMとは?モデルを活用するメリットや活用事例

「建物の設計図をより効率的に制作できる方法を探している」 「BIMを導入することでどのようなメリットがあるのか知りたい」 コンピュータで建築物を再現するときに役立つのがBIMです。パーツから建築物を組み立てることができ、建築に関わるすべての人が簡単に建物の性能やコストを確認できる利点があります。

詳細を表示 »

Unity Reflectとは?BIMやCADとの連携や活用方法について

「BIMやCADをより簡単に扱えるアプリを探している」 「Unity Reflectを使うことで何ができるのか知りたい」 設計ソフトで制作した建築モデルを直感的に操作できるアプリがUnity Reflectです。さまざまなデバイスでUnity Reflectを利用でき、技術者でなくてもモデルを扱えるのがポイント。 この記事ではUnity Reflectの特徴や活用方法について紹介します。

詳細を表示 »
無料相談・お問い合わせ
・見積もりの相談 (システム開発の費用を概算で知りたい方?)
・企画段階からの相談 (こんなアプリの開発できますか?)
・オフショア開発に不安のある方 (オフショア開発って何ですか?)
・ベトナムやONETECHに興味のある方 (ベトナムでビジネスしたいのですが)
・エンジニア人材不足にお悩みの方 (エンジニアを採用したいのですが?)
ご相談やお見積もりは全て無料で対応いたします。

下記入力フォームに入力し、送信をお願いいたします。後日、担当者から折り返しご連絡させていただきます。また、ご送信頂いた内容によっては、ご回答にお時間がかかる場合がございますのでご了承ください。

無料相談・お問い合わせ
・見積もりの相談 (システム開発の費用を概算で知りたい方?)
・企画段階からの相談 (こんなアプリの開発できますか?)
・オフショア開発に不安のある方 (オフショア開発って何ですか?)
・ベトナムやONETECHに興味のある方 (ベトナムでビジネスしたいのですが)
・エンジニア人材不足にお悩みの方 (エンジニアを採用したいのですが?)
ご相談やお見積もりは全て無料で対応いたします。

下記入力フォームに入力し、送信をお願いいたします。後日、担当者から折り返しご連絡させていただきます。また、ご送信頂いた内容によっては、ご回答にお時間がかかる場合がございますのでご了承ください。