ソフトウェア開発
現新比較テストでよくある課題をテストデータ管理ツールで解決
システムのマイグレーションには様々なトラブルを伴う可能性があるため、システムの現新比較テストが重要となってきます。 しかし現新比較テストにはいくつかの問題点があるため、それを解消するためにサービスの活用が挙げられます。 今回はそれらについて具体的にご紹介します。
ソフトウェア開発
VBマイグレーションとは?注意すべきポイントなどについてご紹介
マイクロソフトによるVB6.0のサポート、そしてWindows OSのサポート期限も終了した現在、VB6.0で開発されたアプリケーションをそのまま継続して使うことは難しくなってきました。 そこでマイグレーションの必要性が高まってきていますが、マイグレーションの工程にはいくつか注意すべきポイントがあります。 今回の記事では、マイグレーションの概要や実施すべき理由について具体的にご紹介し、注意点についても解説します。
ソフトウェア開発
CLOUDENDURE MIGRATION を使用してサーバーをAWSクラウドに移行
AWSは、非常に便利で信頼性の高い組み込み機能を備えたクラウドおよびサーバーエコシステムです。現在利用中のオンプレミスにあるサーバーをAWSクラウドサーバーに移行する需要は年を追うごとに高くなります。
ソフトウェア開発
AWS DMSとは?データベースを移行する流れとメリット、料金体系を解説
AWS DMSとは?データベースを移行する流れとメリット、料金体系を解説。AWS DMS(Database Migration Service)は、データベースの移行を実現するクラウドのサービスです。今回はデータベース移行のテーマについて解説します。
ソフトウェア開発
Visual Basic 6.0(VB6.0)を継続するリスクとマイグレーションのメリット
Visual Basic 6.0(VB6.0)は、マイクロソフトが1990年代に開発したプログラミングで、長い間アップデートを繰り返しながら、多くの企業で愛されてきました。 ただ、20年以上使用されてきたこともあり、VB6.0を使い続けることによるリスクについても懸念されるようになっています。今回は、VB6.0を使い続けることで発生するリスクや、それを解消するためのマイグレーションのメリットについてご紹介します。
ソフトウェア開発
VB6.0ユーザー必見!VB.NETへの移行ガイドライン
Visual Basic 6.0は、長年企業活動を支えてきたプログラミング言語ですが、新世代であるVisual Basic.NETが登場したことで、各企業では移行も進められています。 VB6からVB.NETへの移行ガイドライン。基本的には同じ言語の両者ですが、.NETへの移行によって、そもそもどのような利点が期待できるのでしょうか。
先端テクノロジー開発
オンライン診療の規制緩和で進む医療のDX
医療改革の一環として、大いに注目を集めているDX(デジタルトランスフォーメーション)がオンライン診療の導入です。 これまで限定的な導入にとどまっていたオンライン診療は、新型コロナウイルスの流行をきっかけに、次世代の医療のスタンダードとなり得るアプローチとして導入が進んでいます。 オンライン診療の普及が進んでいる背景や、そのメリットなどについてご紹介します。
ソフトウェア開発
Laravelにおけるマイグレーションの意味と実行方法
Laravelを実際に操作する中で、遅かれ早かれ実施することになるのがマイグレーションです。マイグレーションはアプリ開発を円滑に進めるためには、早い段階からその実行方法を理解しておく必要があります。 今回はLaravelにおけるマイグレーションの必要性と、その実行方法についてご紹介します。
ソフトウェア開発
SAP BW/4HANA登場の背景とその特徴とは
SAPには様々な製品が存在していますが、SAP BW/4HANAはその中でも歴史が古く、バージョンアップによって次世代向けにアップグレードが完了している製品です。 今回は、次世代データウェアハウスソリューションとして活躍するSAP BW/4HANAの特徴などについて、ご紹介します。
無料相談・お問い合わせ
ご相談やお見積もりは全て 無料 で対応いたします。

    「個人情報保護方針」をお読みいただき同意いただける場合は「送信」ボタンを押して下さい。
    入力していただいたメールアドレス宛に自動返信メールを送信していますので、お手数ですがそちらをご確認ください。
    無料相談
    お問い合わせ
    無料相談・お問い合わせ
    ご相談やお見積もりは全て 無料 で対応いたします。

      「個人情報保護方針」をお読みいただき同意いただける場合は「送信」ボタンを押して下さい。
      入力していただいたメールアドレス宛に自動返信メールを送信していますので、お手数ですがそちらをご確認ください。