オフショア

開発前にチェック!業務システムの要件定義で大切なこととは

開発前にチェック!業務システムの要件定義で大切なこととは 「ニーズを満たしたシステムを開発できるか不安」 「要件定義において重要なポイントを知りたい」 ONETECHはベトナムオフショア開発で様々な業務システムを開発しています。 今回はあらためて業務システム開発について整理していきたいと思います。

詳細を表示 »

業務システムの開発工程とは何?制作の流れを分かりやすく解説

「どのようにシステムを開発していくのか気になる」 「業務システムの開発工程について知りたい」 ONETECHはベトナムオフショア開発で様々な業務システムを開発しています。 今回は、あらためて何回かにわたり業務システム開発についてブログに寄稿します。 生産性向上のために業務システムを導入するには、適切な工程を経てシステムを開発することが必要です。開発工程に不備があるとシステムの不具合やトラブルが起こりやすくなります。 どのような工程でシステムを作り出していくのか、この記事ではシステム開発の流れを簡単に解説します。

詳細を表示 »

どの国でオフショア開発すべき?国別の特徴や動向を解説

「コスト削減のためにオフショア開発を検討している」 「アウトソーシング先の国々ついて特徴を知りたい」 人件費の安い外国に案件を委託して、システムやアプリを制作するのがオフショア開発。国によって人気のある案件や強みが異なるため、特徴からアウトソーシング先を選ぶことが重要です。ONETECHはベトナムオフショア 開発をしておりますが、最近の国別動向を簡単にまとめたいと思います。 この記事ではオフショア開発できる5つの国々における特徴や動向を解説します。

詳細を表示 »

2020年に100億ドル越え?ベトナムのEC市場のトレンドと課題

インターネット利用者が急激に増加しているベトナムでは、EC市場が大きく成長しています。2020年には市場規模が100億ドルを超える見込みであり、海外の有名なEC企業が進出している現状です。最近ホーチミン の町中でLAZADAやGRABバイクなどでバイク便がECの注文を配達する姿が頻繁に見かけるようになりました。ONETECHの入るオフィスビルでは毎月のようにいろいろな会社がクレジットカード入会のキャンペーンをしておりクレジットカードの普及も急速に伸びているようです。ONETECHでもベトナムオフショア 開発でEC開発もしております。 この記事ではベトナムのEC市場におけるトレンドと課題点について紹介します。

詳細を表示 »

アウトソーシングとインハウス・コストと品質の評価

IT業界でアウトソーシングが生み出されたことによって、フリーランス求人の問題が多少解消されました。しかし、安いコストなのに対して、品質が悪く、納品が遅延、リスクが管理できないという問題点が多く存在すると思われます。ここ最近、リスクを減らすために、アウトソーシング会社がコストとリソースのバランスが取れるよう、努力してきているので、そういった問題も少しずつ改善されるようになってきました。この記事は、コストや品質の面でインハウスとアウトソーシング会社を比較する際の、少しでも役に立つ情報を紹介します。

詳細を表示 »
お問い合わせ
お問い合わせ