オフショア

ベトナムICT人材ニーズレポート

人材資源の需要に関するデータによると、ベトナムICT人材市場は、情報処理および技術開発の国として注目されている。ベトナムはSamsung、Toshiba、Foxconn、Bosch、Sony、Cisco、NEC、Fujitsuなどの世界中の大企業から注目され、大企業はベトナムに投資するようになっている。ベトナムでは、多くの企業や技術の会合が開かれアウトソーシング企業も増加し発展の一途をたどっている。

詳細を表示 »

発注者が知っておくべきシステム開発の略語「CRMとは?」「RDは要件定義!?」

「開発会社が多用する略語が分からない」 「業務システムに関係する言葉を知りたい」 ONETECHはベトナムオフショア開発で様々な業務システムを開発しています。 今回は12回に分けてあらためて業務システム開発について整理していきたいと思います。 数多の業務システムが普及している今では、略語や英語で特定のシステムを呼ぶ場合があります。システムに関わる言葉を知っておくことで、スムーズに打ち合わせを進めることが可能です。 この記事ではシステム開発の発注者が知っておくべき業務システムの略語・英語について解説します。

詳細を表示 »

システム開発のリリースとリリース後の運用保守とは?

「業務システムの導入後に不具合が起こらないか心配」 「運用・保守の内容や依頼するときの注意点が気になる」 ONETECHはベトナムオフショア開発で様々な業務システムを開発しています。 今回は12回に分けてあらためて業務システム開発について整理していきたいと思います。 社内で業務システムを使い続けていると、不具合や障害が発生する可能性があります。システムの正常動作を維持するためには、開発会社にシステムの運用・保守を依頼することが必要です。

詳細を表示 »

システム開発のシステムテストと受入テスト、運用テストとは?テストの流れと注意点

「導入前にシステムをチェックしたい」 「運用テストの流れや注意点が気になる」 ONETECHはベトナムオフショア開発で様々な業務システムを開発しています。 今回は12回に分けてあらためて業務システム開発について整理していきたいと思います。 開発したシステムを導入する前に実施する検証工程が運用テストです。実際の利用者を想定したテストシナリオで動作を検証することで、不具合やバグを探り出せるのがメリット。

詳細を表示 »

システム開発やアプリ開発の見積もり方法を知る。「ボトムアップ」「パラメトリック」とは?

「システム開発費用をどのように計算するのか知りたい」 「発注者が見積もりで注意すべきポイントが気になる」 ONETECHはベトナムオフショア開発で様々な業務システムを開発しています。 今回は12回に分けてあらためて業務システム開発について整理していきたいと思います。 開発会社で業務システムを制作する場合、開発側で発注にかかるコストを見積もります。システム開発を見積もるには3つの方法があり、手法によりメリットやデメリットは異なるもの。 この記事では業務システムの開発を検討している人に向けて、3つの見積もり方法と注意点を解説します。

詳細を表示 »

システム開発、アプリ開発、ソフトウェア開発の要件定義で大切なこととは

開発前にチェック!業務システムの要件定義で大切なこととは 「ニーズを満たしたシステムを開発できるか不安」 「要件定義において重要なポイントを知りたい」 ONETECHはベトナムオフショア開発で様々な業務システムを開発しています。 今回はあらためて業務システム開発について整理していきたいと思います。

詳細を表示 »

DX推進の鍵!!業務を効率化するシステムとは何か?導入するメリットや実際の事例

「仕事に便利なシステムを導入したい」 「業務システムと基幹システムの違いが気になる」 ONETECHはベトナムオフショア開発で様々な業務システムを開発しています。 あらためて何回かにわたり業務システム開発についてブログに寄稿していきます。

詳細を表示 »

システムの開発工程「要件定義からコーディング、システムテスト、保守運用まで」

「どのようにシステムを開発していくのか気になる」 「業務システムの開発工程について知りたい」 ONETECHはベトナムオフショア開発で様々な業務システムを開発しています。 今回は、あらためて何回かにわたり業務システム開発についてブログに寄稿します。 生産性向上のために業務システムを導入するには、適切な工程を経てシステムを開発することが必要です。開発工程に不備があるとシステムの不具合やトラブルが起こりやすくなります。 どのような工程でシステムを作り出していくのか、この記事ではシステム開発の流れを簡単に解説します。

詳細を表示 »

どの国でオフショア開発すべき?国別の特徴や動向を解説

「コスト削減のためにオフショア開発を検討している」 「アウトソーシング先の国々ついて特徴を知りたい」 人件費の安い外国に案件を委託して、システムやアプリを制作するのがオフショア開発。国によって人気のある案件や強みが異なるため、特徴からアウトソーシング先を選ぶことが重要です。ONETECHはベトナムオフショア 開発をしておりますが、最近の国別動向を簡単にまとめたいと思います。 この記事ではオフショア開発できる5つの国々における特徴や動向を解説します。

詳細を表示 »

2020年に100億ドル越え?ベトナムのEC市場のトレンドと課題

インターネット利用者が急激に増加しているベトナムでは、EC市場が大きく成長しています。2020年には市場規模が100億ドルを超える見込みであり、海外の有名なEC企業が進出している現状です。最近ホーチミン の町中でLAZADAやGRABバイクなどでバイク便がECの注文を配達する姿が頻繁に見かけるようになりました。ONETECHの入るオフィスビルでは毎月のようにいろいろな会社がクレジットカード入会のキャンペーンをしておりクレジットカードの普及も急速に伸びているようです。ONETECHでもベトナムオフショア 開発でEC開発もしております。 この記事ではベトナムのEC市場におけるトレンドと課題点について紹介します。

詳細を表示 »

アウトソーシングとインハウス・コストと品質の評価

IT業界でアウトソーシングが生み出されたことによって、フリーランス求人の問題が多少解消されました。しかし、安いコストなのに対して、品質が悪く、納品が遅延、リスクが管理できないという問題点が多く存在すると思われます。ここ最近、リスクを減らすために、アウトソーシング会社がコストとリソースのバランスが取れるよう、努力してきているので、そういった問題も少しずつ改善されるようになってきました。この記事は、コストや品質の面でインハウスとアウトソーシング会社を比較する際の、少しでも役に立つ情報を紹介します。

詳細を表示 »
お問い合わせ
お問い合わせ