AR/VR/MRアプリ開発

Unityがなくても実現できる!VTuberの制作ツールを紹介

Unityがなくても実現できる!VTuberの制作ツールを紹介 キャラクターを取り入れた動画を制作し、YouTubeなどの配信サイトで活躍しているのがVTuberです。VTuberの数は増えている傾向であり、キャラクターの制作を検討している人も多くいます。 今ではVTuberの制作ツールが多数あり、手間がかかるUnityを使わなくてもモデルを制作することが可能です。これから始める人にオススメの制作支援ツールを紹介します。

詳細を表示 »

UnityはVR ARでどのように発展?

UnityはVR(バーチャルリアリティ)やAR(拡張現実)及び3Dアプリという分野において参加してからというもの、いよいよ強く発展している。なぜ、若いゲームエンジンとしては、ほとんどの現代のエンターテインメントプラットフォームで強く支配できているのか? Unityは、スマートフォンやPC、ゲーム機、スマートTV、さらにVR / ARデバイスという約30種類のプラットフォームですべて対応するのだ。それに、AppleのARKitやGoogleのARCoreを含む最新のVR / ARプラットフォームのほとんどと統合することもできる。

詳細を表示 »

画像認識ソリューションとして有名なVuforiaを紹介します。

ARを活用してアプリやシステムを開発するためのプラットフォームがVuforiaです。Vuforiaエンジンという機能によってカメラやセンサーを制御し、ARを表現するための目を実現しています。 開発プラットフォームであるVuforiaはスマートフォンやタブレット、スマートデバイスに対応しているのがポイント。デバイスを活用して現実の中にコンテンツを表現します。 アイデアを実現するためにVuforiaには多様なARライブラリが備わっています。マーカーの認識だけでなく、クラウドを活用した認識や追従認識といった機能にも対応。 今ではVuforiaによって開発されたアプリが4億台以上のデバイスにインストールされていて、ARを活用した開発に欠かせません。ユーザーにAR体験を届けるためにVuforiaは役立ちます。

詳細を表示 »

MICROSOFT HOLOLENS 2 – 2019年半にリリース

HoloLensの次世代モデル「2019年第2四半期」に発売するといわれていた。一方で、HoloLensの存在を脅かすのが、2018年8月に発売となった米マジックリープのMagic Leap Oneという複合現実(MR:Mixed Reality)ヘッドセットである。Hololensはもはや独占的ではないが、競合他社のものより数年前に開発されたのがMicrosoftの大きな利点だ(HoloLens1は2015年に発売された)。 技術の世界は2019年に次期バージョンを楽しみにしており、初代HoloLensのすべての弱点を克服すると期待されている。

詳細を表示 »

xRを体験するために最適なHMDとは?VRとARの違いも解説

VRやARといった言葉の総称をxRと呼びます。最近ではxに単語を含めて「”x” Reality」という言葉が増えていて、体験するためにはヘッドマウントディスプレイ(HMD)が必要です。「VRに興味があるけど、どのヘッドマウントディスプレイを選べば良いか分からない」「ARとVRといった言葉をネットで見るけど、何が違うのか疑問」

詳細を表示 »

MRを体験できるホロレンズの特徴やビジネスにおける活用例とは?

先日「オフショア開発で実現する「AR/VR、ライブストリーミング」~製造業や建設現場など、遠隔地の作業員と作業共有して業務効率化を図り、人材不足を解消する~」というタイトルでセミナーを開催いたしました。その中でもHoloLens(ホロレンズ)を使った画像認識のデモンストレーションや、活用事例のお話をさせていただきました。

詳細を表示 »
無料相談・お問い合わせ
・見積もりの相談 (システム開発の費用を概算で知りたい方?)
・企画段階からの相談 (こんなアプリの開発できますか?)
・オフショア開発に不安のある方 (オフショア開発って何ですか?)
・ベトナムやONETECHに興味のある方 (ベトナムでビジネスしたいのですが)
・エンジニア人材不足にお悩みの方 (エンジニアを採用したいのですが?)
ご相談やお見積もりは全て無料で対応いたします。

下記入力フォームに入力し、送信をお願いいたします。後日、担当者から折り返しご連絡させていただきます。また、ご送信頂いた内容によっては、ご回答にお時間がかかる場合がございますのでご了承ください。

無料相談・お問い合わせ
・見積もりの相談 (システム開発の費用を概算で知りたい方?)
・企画段階からの相談 (こんなアプリの開発できますか?)
・オフショア開発に不安のある方 (オフショア開発って何ですか?)
・ベトナムやONETECHに興味のある方 (ベトナムでビジネスしたいのですが)
・エンジニア人材不足にお悩みの方 (エンジニアを採用したいのですが?)
ご相談やお見積もりは全て無料で対応いたします。

下記入力フォームに入力し、送信をお願いいたします。後日、担当者から折り返しご連絡させていただきます。また、ご送信頂いた内容によっては、ご回答にお時間がかかる場合がございますのでご了承ください。