ベトナム文化

ホーチミンのバインミー事情とサイゴン発東京下北沢「バインミーバーバー」誕生物語とは

今、日本で人気急上昇のバインミー!バインミー(Bánh mì )とは、ベトナムの国民食です。フランスの影響もうけています。東京、下北沢「バインミーバーバー」のルーツであるサイゴン(ホーチミンシティ)のバインミー事情とバインミーバーバーの誕生物語をご紹介します。

詳細を表示 »

オフショア開発における文化の違いを解消する手立てと考え方

ソフトウェア・システム開発におけるオフショア開発は「海外の企業」へ仕事を発注するため「リモートワーク(情報通信技術を通じた勤務体系)」が前提になります。そして、開発スキルと意欲・能力があり、労働コストが格段に低い外国人労働者へ業務委託する反面、コミュニケーションコストが高くなる傾向があります。 その為、オフショア開発企業はコミュニケーター(ブリッジSEのように意思疎通を図る職種)が相手国企業の「文化の違い」を理解した上でプロジェクトの成功へと尽力する必要性があります。そこで、この記事ではオフショア開発で生じやすい文化の違いについて触れながら、具体的な解決策についてお伝えします。

詳細を表示 »

ベトナムICT人材ニーズレポート

人材資源の需要に関するデータによると、ベトナムICT人材市場は、情報処理および技術開発の国として注目されている。ベトナムはSamsung、Toshiba、Foxconn、Bosch、Sony、Cisco、NEC、Fujitsuなどの世界中の大企業から注目され、大企業はベトナムに投資するようになっている。ベトナムでは、多くの企業や技術の会合が開かれアウトソーシング企業も増加し発展の一途をたどっている。

詳細を表示 »

ベトナムにおける十二支とは?日本との違いを詳しく解説

「日本とベトナムの文化における違いが気になる」 「ベトナムの十二支について知りたい」 オフショア開発先として有名なベトナムでは、年数を示す記号として十二支が知れ渡っています。日本の干支と似た文化ですが、一部の動物がベトナムで身近な生物に置き換わっているのが特徴。

詳細を表示 »

ダラット社員旅行に参加しました!

こんにちは、和田です。 前回は参加できませんでしたが、今年は社員旅行に参加してきました。 行ったことがなかった避暑地で有名な観光都市のダラットですが、 ベトナムとも思えない涼しくて空気が澄んでいて とても住みやすい環境でした。 ONTECH ASIAのメンバーと一緒に楽しく快適に過ごせました!

詳細を表示 »
お問い合わせ
お問い合わせ