スキル

Kotlinとは何か?Androidアプリ開発言語の特徴と比較

「簡単なプログラミング言語でアプリを開発したい」 「Kotlinの特徴やJavaとの違いが気になる」 Androidアプリを開発できるプログラミング言語としてKotlinがあります。昔からよくあるエラーを回避する機能があり、従来の開発言語よりも不具合を起こしにくいのがKotlinの特徴です。 本記事ではAndroidアプリ開発に興味がある人に向けて、Kotlinの特徴やJavaとの比較について解説します。

詳細を表示 »

業務システムの開発手法とは?4種類の方法を分かりやすく解説

「システムがどのように開発されるのか気になる」 「さまざまな開発手法のメリットやデメリットを知りたい」 ONETECHはベトナムオフショア開発で様々な業務システムを開発しています。 今回はあらためて何回かにわたり業務システム開発についてブログに寄稿して情報を整理します。 業務システムを計画的に開発していくには、確立された開発手法を活用することが必須です。開発手法により自社の課題点を解決できるようなシステムを効率的に作り出せます。

詳細を表示 »

外国人とのコミュニケーションで注意!日本語で話すときのコツ

「仕事でうまく外国人と話せるか心配」 「やさしい日本語で話しかけるコツを知りたい」 IT業界では外国人と関わる機会が多く、連携して働くにはコミュニケーションが必要です。なるべくやさしい日本語を使って話すことで、仕事におけるコミュニケーションミスを避けられます。 この記事では仕事で外国人に関わる人に向けて、日本語で話すときのコツを紹介します。

詳細を表示 »

注目が集まっているマルチプラットフォーム、Unity 3Dエンジンとその効用について学んでいきましょう。

Unityといえば、やはりマルチプラットフォームのゲームエンジンで、マイクロソフトがサポートしているC#が使われているソフトです。AndoirdやiOSでビルドできることから、ゲーム開発に限らず、AR/VRやスマホアプリまでの広い分野で使用されています。

詳細を表示 »

Amazon Rekognitionとは?APIの機能や価格、活用事例

「入力した動画や画像からオブジェクトを検出してほしい」 「Amazon Rekognitionにより何を実現できるのか気になる」 アプリで画像・動画を分析させるのに便利なのがAmazon Rekognitionです。人物やテキスト、アクティビティなどをデータから検出できて、簡単にAPIをアプリに組み込めるのが特徴。

詳細を表示 »

Face APIとは何か?サービスの特徴や価格、活用事例

「人物の顔から年齢や感情、姿勢などの情報を分析したい」 「Face APIによってどんなことを実現できるのか気になる」 画像から人物を分析して情報を読み取るためのシステムとしてFace APIがあります。システムやアプリにFace APIを組み込むことで、人物を検索したりグループ化したりできるのが特徴。

詳細を表示 »

UnityでのArduino開発入門

Arduinoは、電子の興味を持つ人、学生、または専門家がセンサーで環境と相互作用するデバイスを作成するのを支援することを目的に構築されたオープンソースのハードウェアおよびソフトウェアプラットフォームです。 この記事の中でUSBゲートでArduinoボートとUnityと接続して超音波距離計センサーの値をUnityのUIに表示させるという簡単なデモを紹介したいと思います。

詳細を表示 »

IT Comtorとは?IT Comtorになるための必要なスキルは?

今年の6月に卒業しましたが、その前の3か月にワンテックアジアで仕事を始めました。この仕事をしたいと決めたきっかけは大学の実習で受け入れてくれたIT会社です。 そこでたくさんの勉強ができて、ITについてもっと知りたいと思い、実際に開発はできなくてもIT Comtorになりたいと考えました。 まだまだ新人ですが、11か月の短期間でIT Comtorについて色々意識して、未来なりたい自分を真剣に考えるようになりました。では、IT Comtorとは何か?実際の仕事は何か?IT Comtorになるために何が必要かについて私が経験したのを中心にこの記事で紹介していきます。

詳細を表示 »

TestFlightの使い方について:~iOS Beta Testing~

TestFlight Beta Testingはappleにより開発されたソフトで、iOS、 watchOS、 tvOSのアプリをストアに配布する前、テストにユーザーを招待するためのものです。この記事では、TestFlightの使い方についてご紹介していきます。 下記のステップで簡単に説明をしていきます。 Submit:開発者はどうやって開発したビルドをストアに配布するのか Invite: アプリを検証してもらうためにテストに招待する。 Install:招待機能経由でテスターはどうやってビルドをインストールできるのかについての説明。

詳細を表示 »

Vuforiaとは何か?ARアプリ開発に便利なライブラリの特徴

「新しくARアプリを開発してみたいけど、技術的に難しそう」 「Vuforiaという開発に便利なライブラリについて興味がある」 ARゲームや自撮りアプリが話題になる今では、Vuforiaによるアプリ開発が盛んになっています。オブジェクトの認識精度が高く、開発で使えるサンプルの種類が豊富にあるのがメリット。

詳細を表示 »

UnityはVR ARでどういうように発展?

UnityはVR(バーチャルリアリティ)やAR(拡張現実)及び3Dアプリという分野において参加してからというもの、いよいよ強く発展している。なぜ、若いゲームエンジンとしては、ほとんどの現代のエンターテインメントプラットフォームで強く支配できているのか? Unityは、スマートフォンやPC、ゲーム機、スマートTV、さらにVR / ARデバイスという約30種類のプラットフォームですべて対応するのだ。それに、AppleのARKitやGoogleのARCoreを含む最新のVR / ARプラットフォームのほとんどと統合することもできる。

詳細を表示 »

3DCG制作のワークフローや特徴を解説

「デザイン初心者必見!3DCG制作のワークフローや特徴を解説。コンピュータグラフィックスによりコンテンツを作り出すには、さまざまな工程があります。」 こんにちは、ONETECHの和田です。 去年より3DCGチームの拡大に伴い、キャラクターなど3DCG制作のご依頼が増えています。 お客様から頂いた依頼や要望にお応えできるように、営業としても日々勉強しています。 今回は、自分の整理も含めて3DCGのワークフローについて書かせていただきます。   デザイン初心者必見!3DCG制作のワークフローや特徴を解説 コンピュータグラフィックスによりコンテンツを作り出すには、さまざまな工程があります。ただ単純にキャラクターを書き出すだけでなく、動きをつけたりエフェクトをつけたりすることが必要。 3DCG制作のワークフローを知っておくことで、デザインの仕事における全体像が分かるものです。コンテンツの制作に興味がある初心者のために、3DCG制作の流れや特徴を解説します。   3DCG制作の流れとは?   3DCGによりコンテンツを制作するには、3つの担当者が専門業務を行うことが必要です。キャラクターや背景を作成するモデラーと動作を設定するアニメーター、細かい作業を担当するその他の業務担当が協力して制作します。   具体的な3DCG制作のワークフローは次の通り。   ・モデリング ・セットアップ ・アニメーション ・ライティング ・レンダリング   どのような業務を行うのか、それぞれ詳しく解説します。   モデリング   モデリングでは制作するコンテンツに必要なキャラクターや物体、背景などをゼロから作ります。専用のソフトを使うことでポリゴンモデリングすることが業界では一般的です。…

詳細を表示 »
お問い合わせ
お問い合わせ