セキュリティ診断とは何か?脆弱性検査の必要性や費用

セキュリティ診断とは何か?脆弱性検査の必要性や費用

 

「自社で提供しているセキュリティに問題がないか気になる」

「システムをセキュリティ診断するための費用を知りたい」

 

開発者側でシステムに疑似攻撃をして、隠れた脆弱性を見つける方法がセキュリティ診断。悪意のある攻撃者の視点でシステムを検証することで、情報漏洩などのトラブルを対策することが可能です。

セキュリティ診断とは何か?脆弱性検査の必要性や費用

セキュリティ診断とは何か?脆弱性検査の必要性や費用

この記事ではセキュリティ診断の必要性や検査費用について解説します。

 

セキュリティ診断とは

セキュリティ診断とはソフトウェアやOS、アプリなどのシステムにおける脆弱性を検出する方法です。「脆弱性診断」と呼ばれる場合もあり、疑似攻撃により潜在したリスクを明らかにします。

保有しているシステムをセキュリティ診断するには、ツールを利用する方法と専門家に依頼する方法があります。ツールを利用する方法では一度にシステム全体を検査できるのがメリット。

一方、ツール診断ではシステムの中身が複雑になると、リスクを誤って検知する場合があるため注意しましょう。高い精度で脆弱性を検知したいときは専門家に依頼することがオススメです。

 

セキュリティ診断が必要である理由

「わざわざ脆弱性を調べる意味ってあるの?」と思った人はいるかもしれません。今ではコンピュータのセキュリティ能力が向上していて、個人でリスクを対策することは可能です。

しかし、最近ではサイバー攻撃が多様化している事情もあり、標準的なセキュリティだけでは攻撃を防げない場合もあること。情報漏洩などのトラブルが発生すると、信頼性の低下や賠償責任といったリスクがあります。

セキュリティ診断が必要である理由

また、サイバー攻撃の多様化以外にもセキュリティ診断が必要である理由は3つあります。

  1. 利用者によるリスクを減らすため
  2. システム内部の脅威をなくすため
  3. 安全コストを削減するため

それぞれの理由について見てみましょう。

 

利用者によるリスクを減らすため

安全にシステムやソフトを利用するためには、利用者側がセキュリティを意識することが重要です。もし間違った方法でシステムを利用してしまうと、ウイルスが入り込む可能性があります。

システム側で間違った利用を防ぐ施策を実施することで、人為的なミスを抑えることが可能です。利用者によるリスクを減らすためにセキュリティ診断は役に立ちます。

 

システム内部の脅威をなくすため

マルウェアの感染や内部犯行により、情報が漏洩したり第三者にサーバーを利用されたりする場合があります。外部だけでなく内部の脅威をなくすためにもセキュリティ診断は重要です。

 

安全コストを削減するため

セキュリティ診断によって脆弱性を対策することで、料金が高額なセキュリティソフトが不要になるケースがあります。システムの安全コストを削減するには、脆弱性を検査することがオススメです。

cloud-security-onetech

「開発したシステムのセキュリティリスクが気になる」と思ったときは、セキュリティ診断の実施を検討しましょう。

実際にセキュリティ診断するには

専門家に依頼してセキュリティ診断を実施する場合、まずヒアリングにより要望やコストなどから診断内容を決定します。診断内容に問題がなければ、専門家が指定したシステムを診断。

そして診断結果から脆弱性を見つけ出し、システムのリスクを記載した診断書をお客様と共有します。一部の業者は報告会を主催したりシステムを改善したりすることが可能です。

 

診断にかかる費用

専門家が診断する対象によってセキュリティ診断するための費用は異なります。例えばWebサイトやWebアプリケーションを診断する場合、費用の目安は20万円から120万円程度です。

スマホアプリやIoT、プラットフォームの診断は工数やサポート内容により費用が大きく変動します。具体的な費用が気になる人はセキュリティ診断に対応した業者にお問い合わせましょう。

 

まとめ

アプリやWebサイトなどの脆弱性を検知して、リスクを減らす方法がセキュリティ診断です。「開発したシステムのセキュリティリスクが気になる」と思ったときは、セキュリティ診断の実施を検討しましょう。

 

お問い合わせ

返信を残す

お問い合わせ