Icon ニュースニュース

2017.08.17
News
日本からのインターンシップ開始しました!

日本から鈴木麟太郎さんがインターンシップでONETECH ASIAホーチミンに
8月からきてくれました。12月までインターンシップでONETECHとベトナムを体験してもらいます。
彼にはベトナムオフショア開発のブリッジSEも経験してますが、新しいビジネスにチャレンジもします。
日本に帰国後、起業も考えているそうです!(すばらいし!!)
また彼のブログも更新していきます。

https://blog.onetech.jp/

ベトナムでの生活や彼がこの業界で疑問に思ったことを書いてもらいます。
タオ社長と鈴木さんのアイデアでベトナムのベンチャーのアントレプレナー(起業家)にアポを取って突撃インタビューも敢行していくそうなので乞うご期待ください。

ONETECHはチャレンジするインターンシップ生を常に受け入れています。

ご興味のある方は是非お問い合わせください。

こんな人を求めています。

・急成長するアジア市場でチャレンジしたい方
・激しく変わる環境の変化に適応できる方
・ベトナム人と友達になりたい方

 


ITビジネスなので日々新しい情報が発生します。仮に日本人同士でもコミュニケーションの難易度は高いです。
しかし、このコミュニケーションをマスターすると、どこの国でも通用するスキルとなります。
実はこのスキルこそ言語能力と同様に非常に大切なスキルです。
・整理して伝えること
・相手の側に立ち丁寧に伝えること
・画像や動画、文字、口頭など色々な手段を駆使して相手とコミュニケーションすること
・詳細ではなく、大枠から伝えること
・目的から伝えること
・共通項を探って例示して伝えること
 全てを駆使してコミュニケーションをしていきましょう。

 
具体的には以下の業務に携わっていただきます。

1)オフショア開発におけるプロジェクト管理のサポート

・資料作成(ppt.excel) 、フローチャート、アプリやWEBシステムの画面設計(ワイヤーフレーム)
・日本側とのやり取り
・コミュニケーターが翻訳した資料のチェック
 
2)新規事業立上げに参画(半年以上の方)
・市場調査
・プロダクトの企画
・プロモーション企画
 
 身に付く力・得られる経験
・プロジェクト管理能力
・アジア市場×ITの情報収集能力
・企画立案能力
・海外での業務経験

 

 
募集要項
インターンシップ先国: ベトナム
インターンシップ先都市: ホーチミン
インターンシップ期間: 3ヶ月間、半年間、1年間応相談応相談
インターンシップ業務時間
平日8:30-17:30
休み時間1時間15分
報酬・手当:
・月額 US $300支給
・ビザ申請のサポート
・住居手配(費用はインターンシップ生負担、1ヶ月程度でしたら社員宅にホームステイも可能)

 

必要なスキル・資格:
・ITビジネスに興味のある方
・プログラマーでなくても可能
・大学生3年、4年若しくは大学院生1年、2年
・基本的なPCスキル(エクセル・ワード・パワポ)

 

ONETECHはこのような若者を応援して行きます!